Jeff Beckの廊下


最初に- 復活にあたっての言い訳がましい前書き –

ジャケット画像

てことで、Jeff Beckのことをうだうだするコーナーです。ウェブ・ページでやっていた事をブログに場所を移して再開しようという企みですが、本格再開はいつのことになるやら(汗)

以下は、以前、ウェブ・ページで再開した時の文章の再録です。言いたいことは今でもほとんど変わらない⋯⋯ってことは、いかに進歩がないかということですが(笑)、ご挨拶ということで、よろしくです。

今から四年以上前のことになりますが、このサイトがまだ他のプロバイダのスペースを借りていた頃、「みんなのヒ・ミ・ツ」というコーナーを始めたことがあります。リッチー・ブラックモア以外のお気に入りブートやお気に入り音源なんかを並べていこうと思って作ったコーナーで、一発目として「Jeff Beck の部屋」を設けました。

彼のオフィシャル作品はほとんど(数あるセッションを除いて)聴いてきていて、ギターに対するアプローチの姿勢とか、そういったものに大変あこがれを抱いていたのですが、これらオフィシャルで聴ける顔合わせ以外に、ジェフには魅力のある顔合わせでの演奏が沢山あるということに気付いてきて、これは聴かなければもったいないぞ、と思いはじめ、以来コツコツとブートなどを聴いてきた、その過程を掲載したいと思って作った部屋でした。

当初はツアー日程や当時のメンバー構成などの検証をしながらライヴ音源を並べていくという、「Ritchie Blackmoreの部屋」と同様のアプローチでページを作成して、ジェフのファン・サイトをなさっていた方とも相互リンクさせていただいたりしていましたが、そのうち、更新作業をさぼりがちになり、プロバイダ移動にともなう各コーナーの見直しで「みんなのヒ・ミ・ツ」は消滅、ジェフのページもなくなってしまいました。

リッチーとは別の意味で私にとってはギターの師と言える存在なので(みんな信じないんだよなぁ(^^;)、ぜひともページを復活させたい、とは、常々思っていましたが、いかんせんマニアックなアプローチをするには限界もあり、素晴らしいサイトが数多くある現在、あえてやる意味もないか、と考えていました。

それでも、好きなアーティストには違いなく、「『部屋』と呼べるほどのものは出来ないにしても、『廊下』くらいは作れるだろう」という思いで、ページを復活することにしました。あまりデータ的な検証はせずに、聴いていて面白いと思ったところなどをうだうだと書き綴るコーナーにしていくつもりです。

というわけで、ツッコミ所満載のコーナーになるとは思いますが、あくまで私の目からみたジェフ・ベックのライヴ活動におけるポイントという感じにできればいいなと考えています。

このページの作成にあたっては、各種オフィシャル・アルバムの日本盤に掲載されていたライナー・ノーツの他、以下の書籍・雑誌に掲載されている資料を参考にさせていただきました。

「ジェフ・ベック 孤独の英雄伝説」
シンコー・ミュージック刊 なかむら☆よういち著 石坂敬一 監修
ジェフ・ベック ★ 天才ギタリスト
シンコー・ミュージック・ムック
gold wax
バロック出版発行
beatleg
有限会社レインボウブリッジ発行

それでは、公式、非公式を問わず、CDで入手できる音源、プロショットの映像を中心に、第1期 jeff beck groupから年代順に構成していきます。「Ritchie Blackmoreの部屋」と同様、アナログ盤はとりあげません。また、非公式音源については、できる限りプレスCDで流通していたものを主軸に進めていこうと考えていますが、「Ritchie Blackmoreの部屋」と異なり、こちらに関してはCD-Rで流通した音源をを取り上げることも稀にあると思います。