栗本薫さん


栗本薫さんが亡くなりました。

学生時代に「ぼくらの時代」と出会ってから○十年、ずっと読み続けてきた作家さんでした。シリーズものだと「魔界水滸伝」が好きでしたねー。キャラクターがだんだんと尋常でなくなっていくあたりの、永井豪的なお話の進み具合がお気に入りでした。最近では「伊集院大介」を楽しみにしていました。「グイン・サーガ」は読んでいませんでしたが⋯⋯。「グイン」を読まずして語るなとか言われそーではありますが⋯⋯。「火の鳥」を読まずして手塚ファンにあらずみたいなものではありますが、きっかけがなかったというかなんというか。シリーズもの以外だと「グルメを料理する十の方法」とか面白かったです。どっちかというとミステリよりのお話を良く読んでいたように思います。ご本人には、以前、某所でお姿を拝見したことはありますが、昔からの一ファンとして、嬉しかったのを憶えてます。

ご病気だというお話はしばらく前に知っていて、最近の新刊の後書きなどからも、闘病の様子を伺えたので、心配はしていたものの、これほど早く訃報に接するとは思っていませんでした。残念としか言い様がありません。

物語とは本来永遠に続くもの⋯⋯ということを、栗本さんがおっしゃっていたと、野田昌宏宇宙軍大元帥が自著のあとがきで述べられていた記憶がありますが、物語を紡ぐ才能がない身にしてみれば、永遠に続くはずの物語の続きを、この後どうやって想像していけばいいのでしょう。もっとお元気でいて欲しかったです。

心よりご冥福をお祈りします。