Ovation:1769 Custom Legend


ジャケット画像

  • ボディ:スプルース(トップ)
  • Preamp:OP-24
  • 指板:エボニー
  • フレット:21F
  • 購入日:2011年5月7日
  • 購入店:友人

ジャケット画像

オヴェーションでげす(・∀・)
1769でげす(・∀・)
カスタム・レジェンドでげす(・∀・)

ジャケット画像

2本目のオヴェーション。入手のきっかけは1868 Eliteと同じです。なので、私が手にしたのは2011年の春でしたが、彼が購入したのは1995年の7月頃のようです。

ジャケット画像

黒っぽく撮れてますが実際のカラーはご存じのとおり(え?)濃い深緑。ディ・メオラの使ってた1769は真っ黒に見えたものですが実際はどうだったのか、不勉強で知りませんでございますが、この色でもなんとなくその気(なんの気)になれるものでございます。プリアンプは1868と同じ、OP-24ですが、バッテリー交換は1868より全然楽ちん。

ジャケット画像

ネック。例によって5ピースで頑丈な作り(のはず)。で、やはり握った感触はエレキに近いんですよね。1868のようなVシェイプではない分、多少はアコギのネックのフィールは増してるような「気はします」が、それは奏者の思い込みなので……。やはりネックの作りが影響してる部分は大きいかなと。

ジャケット画像

ヘッド。やはり弦交換はやりづらいので滅多に換えないという流れ(笑)ヘッドの形状やペグのパーツ構成は上品で気に入ってます。ネックのポジション・マークも、1868よりは好み。まぁ、弾いてるときはポジション・マークって滅多に見ないものですし(え?)

ジャケット画像

問題のボディ。ディープ・ボウルと呼ばれる深胴なのですが、私の腹部形状との相性が致命的に良くない(ばく)丸い面同士がくっつくせいでギターが全然安定しないし、弾いてると段々とギターが上向きになってくるし、ステージでこのギターを弾いている自分が全く想像できないというか、想像できるからこそステージで弾きたくないというか、くそぉ(自滅)

ジャケット画像

ブリッジのレリーフやボディのバインディング、センター・ホールのインレイなど、どれも上品な仕上がり。友人はザッパのコピバンでこれ使ってBlack Page#2とかバリバリ弾いてましたが、私はやはりディ・メオラっぽいギターの練習をしたいときにお出まし願う感じです。カッタウェイがなかなか弾きやすく、気に入っています。友人は1・2弦の弦高を低めにしていましたが、ちょっと音が好みではないので機会を見て調整したいと思いつついつになるやら(汗

ジャケット画像

試奏動画はブルー・グラスの練習曲。ディ・メオラの練習をしてるとか言いつつ試奏がなんでこんな事になってるのかと突っ込まれるか無視されるかされそうなものですが、まぁ修行中という事で。かなり以前に撮影した動画なので、使用機材が若干古いです。いまだったらアンプは違うものを使ったりしてるかな。Ovation録るときはマイクを使わない方が良いような気はしております。

1769試奏:藁の中の七面鳥

Ovation:1769 Custom Legend
BOSS : AD-5
ZT : Lunchbox
iPhone5Sにて撮影