Uriah Heep Live at Club Citta’ 23 October 2010


10月23日、ユーライア・ヒープの来日公演を観に、川崎はクラブチッタへと行ってきました。

ジャケット画像

結成40周年とゆーことで、4thアルバム、「悪魔と魔法使い」を全曲演奏するというアオリ。オリジナル・メンバーはギターのミック・ボックスだけでしたが、とにかく観てみないことにはハナシにならんし、なによりもご贔屓のベーシストの一人、トレヴァー・ボルダーが来る!ということで参戦決定。久しぶりのライヴ観戦と相成りました。チケットは前の方、ほぼ中央で、ライヴ・ビデオでも観てるみたいなポジション。手配してくれたけ〜むさん、大感謝です!

まずはセットリスト。実際とは違ってる部分があるかもしれませんが、某ホムペからパクりますた(ばきっ★)

  1. Wake The Sleeper
  2. Return To Fantasy
  3. Book Of Lies
  4. Stealin’
  5. Wizard
  6. Traveller In Time
  7. Easy Livin’
  8. Poet’s Justice
  9. Circle Of Hands
  10. Rainbow Demon
  11. All My Life
  12. Paradise – Spell
  13. Rain
  14. Free Me
  15. Gypsy
  16. Look At Yourself
  17. July Morning
  18. Sunrise
  19. Lady In Black

オープニングは聴きなれない曲でしたが、リズムがモダンというか、ノリが若い(ばきっ★)というか、この段階で「これは(・∀・)イイ!!」てなもんで、一気に引き込まれました。リズム隊が飛ばしまくります。んで2曲目でブチかまされた「幻想への回帰」。これやるとは思いませんでした。しかもこんな最初から!ヴォーカリストはなじみのない人でしたが、前任者のイメージを壊すことなく、ヒープらしさを醸し出していて、良いです。3曲目は最新作から。カッコ良いです。聴いてなかったけど今度買ってみよう。少なくとも会場の物販には置いてなかったな。がんばれ、ユニオン川崎店(笑)。続く「略奪」も意外なプレゼント。やっぱこのコーラスがヒープですよ。

5曲目からが本日のメイン・ディッシュ、「悪魔と魔法使い」の全曲演奏。

ジャケット画像

このアルバム、大好きなのですが、今まで発表されてきたライヴ・アルバムで、当アルバムからの曲が演奏されていても、なぜかあまり感動したことがありませんでした。「安息の日々」も、「連帯」も……。ところが今回、アルバム全曲を通して披露されると、改めて凄いなと。目の前で演奏されていたからかもしれませんが、なんというか、曲にしても、曲の中で鳴っている音にしても、ひとつひとつが、あるべき場所にあるというか……。「呪文」のエンディングでシルエットとなったヴォーカルの雄姿が、なんともドラマチックでした。

そうそう、「連帯」でマーシャルの影からスライド・ギターを弾きながら現れたのは戦場カメラマンの人……もとい、ミッキー・ムーディ!でした。ケン・ヘンズレーのパート代演として、この後も何曲かで名プレイを披露してくれました。もっとダイナミックにバーを動かす人なのかな、と思ってましたが、どちらかというと職人技的な技巧で聴かせてくれるタイプだったので、意外でした。

“Rain”からは再びベスト選曲のつるべ打ち。ジプシーのイントロ、キーボードが弾き始めた瞬間、「早っ!(@_@)」。ライヴ・アルバムより早い(^^;。十代の頃に初めてヒープを聴いたのがファーストで、このジプシーがヒープ初体験だったのですが、そのときに感じた「こいつら何なんだ」観を十二分に味わえる演奏でした。個人的にハイライトだったのが、「対自核」後半のリズム・ジャム。ご贔屓のトレヴァー・ボルダーとドラマー(名前失念)の叩き出すリズムの洪水に絡むミックのワウ・ギターは、アルバムのパーカッションの洪水にも負けない迫力でした。トレヴァーさいこー(^o^)/。クロージングの「七月の朝」、やっぱり本家は(・∀・)イイ!!。この音の洪水は、他のどんなバンドでも再現不可能でし。たとえオリジナル・メンバーがミックひとりでも、ヒープはヒープだ、文句あっか?のノリでございます。

アンコールは「サンライズ」。「魔の饗宴」、好きなアルバムなんで、もっといろいろ聴きたかったですねー、「スウィート・ロレイン」とか。ラストはセカンド・アルバム「ソールズベリー」から「黒衣の娘」。二人のミックがかき鳴らすアコースティックにのせて、会場では大合唱。最高のエンディングでした。24日は「肉食鳥」やったそうで、そちらも聴きたかったですねー。確かにメンバーは代わっているものの、初めてこの目で観たヒープは、自分の心の中のヒープそのものでした。さいこー。エンディングSEで「威風堂々」が流れる中、ステージに突進してメンバーと握手したりなんだり。ふらふらになりながら、会場を後にしました。

全体を通して印象に残ったのは、やっぱりご贔屓のトレヴァー・ボルダー。プレイを目の当たりにしたのは初めてでしたが、やはり思ってたとおりのプレイ・スタイルで、バンド・サウンドの牽引役として最高のパフォーマンスだったと思います。ミック・ボックスのプレイも彼らしさを保ったもので、オルガン・ライクなそのギター・ワークはミック・マジックともいえる素晴らしいものでした。そして、ドラムが意外に良かった。もっとメタリックなプレイをするのかと思っていましたが、かなりスウィングするスタイルで、トレヴァーのベースとともに、ブリティッシュ・ロックらしさを十全に発揮していたと思います。キーボードは、あまりよく聞こえなかったので、感想を書けるほど印象に残っていないのが正直なところ。なにしろ、ミックのマーシャルとトレヴァーのベースの音でステージ上の音が埋まってしまったような感じで、PAでどのように聞こえていたものやら……。

今回の来日メンバーを眺めていたら、1995年に来日したときのレインボーにイメージが似てるなー、と思えてきました。

  • ヴォーカルが元プレイング・マンティス
  • ベースが達者である
  • ドラムがけっこうスウィングするタイプ
  • キーボードが良くわかんない人(ヲイ(^^;)
  • オリジナルメンバーはギタリストだけ

ほら、似ている(ばきっ★)

最後に文句を一言。物販、抱き合わせ商売はいかん。気持ちはわかるが、やっちゃいかん。なんとかパックとか体の良い名前付けてたけど、あの売り方は抱き合わせ以外のナニモノでもない。日曜日はばら売りしたらしいじゃないか?ポスターなんか(Tシャツなんか、でも、パンフなんか、でも可)欲しくないと思ってたのに仕方なく金を出した土曜日の人たちにフェアじゃないとは思わないかね?。プラチナシートも日曜日は一万円安くしたらしいじゃないか。土曜日に機嫌よく踊っていたおねーさんがかわいそうだとは思わないかね?バンドの演奏は最高だったけれど、そして、そんなバンドを呼んでくれたことには感謝するけれど、そのバンドにぶら下がった商売としては今回のやり方は最低だったと思わないかね、あなた方。ま、思わねーか(ばく)。以上!