Morris:W-25


ジャケット画像

  • ネック:ナトー
  • ボディ:スプルース(トップ) & ローズウッド(サイド&バック)
  • Preamp : None
  • 指板:ローズウッド
  • フレット:20F
  • ペグ:不詳
  • 購入日:1970年代後半
  • 購入店:不詳(ヲイ)

ジャケット画像

初めて自分のモノとしたアコースティック・ギターです。人生で最初に意識して手にしたギターは中学の頃に友人の家で手に取ったメーカー不詳のガット・ギターでした……弦が三本くらいしか張られてなかったな(笑)
手に取ってしっくり来たので、「ちょっと貸してくれ」っつって自宅に持ち帰っていろいろいじってたら三本しかない弦の一本が切れちゃいましてね(ばく)……慌てて弦を買いに行って見よう見まねで付け替えましたよ……切った一本だけですけど(^^;

そんなアコギとの出会いでしたが、エレキに興味を持ち始めたので買ったのはエレキが最初でした(こちら参照のこと)。んで、高校入学してギター部っつーところに入ったわけですな。したらですね……

みんなフォークギターを持ってきた

なんつー展開だと(笑) こりゃ、フォークギター持ってないと何も出来ないかもしれんぞ、と。てことで一番手に入りやすかったモーリスの一番安いやつ(……二番目くらいだったかもしれん(^^;)をとりあえず用意した、てのが、このギターとの出会いになります。アリアプロIIに続いて地元松本製のギターだったことを知ったのはだいぶ後になってからでした。

ジャケット画像

一般的なフォークギターのイメージである、マーチン・タイプのドレッドノート型。当時はエレキとアコの違いなんてロクに意識せずに弾いてました。「なんでこんなに弦が固いんだろう」とか思いつつ、エレキの弦を張ったことはついぞありません。2万円台のモデルなのにハードケース付きだったのでかなり大事に使ってたギターです。高校時代はインレタをボディにぐちゃぐちゃに貼って遊んでましたが、剥げてきてみっともなくなったので思い切って全部削りました。板に色むらがあるのがわかると思います。んな扱いをしてきたトップ板ですが、波うちもなく、ン十年前と同じ姿を保っています。

ジャケット画像

ラベルはこんな感じ。なぜか、シリアル・ナンバーの記載がない(汗 いろんな事情がありそうな個体ですな(わはは)大きなボディなので音も大きいです。高校時代にクラスで弾いてたら音の大きさにクラスメイトが何人かびっくりしてたのが記憶に残ってます。高校には自転車で通ってたのですが、このギター、ハードケースのまんま自転車で持ち運びしてた記憶が……若かったなぁ(汗。そのせいか、蓋のジョイントが壊れたので、今はケースは手許にありません。今思えばちょっと勿体無いことをしたかなと。

ジャケット画像

ヘッド。栄光の科学特捜隊のマークは当時の子供雑誌のふろくでした(笑) 20年ほど前に2弦のペグが取れかかって、その時は瞬間接着剤で乗り切ったのですが、最近になってやっぱそれじゃあいかんと反省してペグ交換しました。

ジャケット画像

ヘッド裏。こちらには栄光のウルトラ警備隊のマーク。同じく子供雑誌の付録。ボディのインレタは剥がしたものの、これらのマークを捨てるのは忍びなく、ン十年間貼られたままになっています。2弦のペグの辺りの木が荒れているのがお分かりいただけるかと。瞬着の跡です(汗。こんなギターの修理をお願いしてお手数をおかけしてしまったのはミュージックプラザオグチの有村さん。別のお店にいらした頃からのご縁で、いつもヘンなお願いばかり聞いていただいてます。これからもよろしくです(ばきっ☆)

ジャケット画像

裏返すとこんな感じ。学校に持ち込んでたので、ありとあらゆる場所に立てかけていたおかげで、ネックの裏は細かい傷が一杯ついていて、他の人にはすこぶる弾きにくいネックとなっているはず。私には手のアタリがついてるので馴染むネックになってますが……まぁ、たぶん一生持ってるギターでしょうね。

音はこんな感じ。生音をマイクで録るだけではiPhoneだとうまく撮れないので、Shadowの粘着式ピエゾをつけて、ピエゾとマイクの音をAD-5でいじってます。最近はこういったアイリッシュ・トラッドやカントリー、ブルーグラスを弾きたいと思う時に手に取りますが、なかなか弾ききれないです。一生勉強ですね……

モーリス試奏:アイルランドの洗濯女

Morris:W-25
Shadow : SH 712
Shure : SM57
BOSS : AD-5
ZT : Lunchbox
iPhone5Sにて撮影