Takamine:NPT-115


ジャケット画像

  • ネック:メイプル
  • ボディ:メイプル
  • Preamp:Takamine NPT
  • 指板:エボニー
  • フレット:20F
  • ペグ:不詳
  • 購入日:1995年9月1日
  • 購入店:谷口楽器

ジャケット画像

十数年ぶりの入手となったアコースティック・ギターであり、初めて手にしたエレクトリック・アコースティック・ギターです。

この当時、「新しいアコが欲しい」と思うようになったきっかけはうまく思い出せません。平成に入ってから体調を崩したりなんだりでバンドで音楽をやる機会がめっきりと減っていた時期で、そんな事情もあったかもしれないし、友人のギター弾きがオベーションにハマっていろんなことをやってたのも影響されたのかもしれない。何はともあれ、アコが欲しくなって楽器屋さんでカタログもらってきたのが始まりといえば始まり。それがこのサイトにアーカイブされているタカミネの1995年度版でございました。

ジャケット画像

で、アーチド・トップに惹かれ、このギターにしよう、と思って御茶ノ水へ。色は当初、リッチーが87年頃に持ってたヤマハのエレアコの色が良かったのでそんな感じの色が良いなとは考えてたのですが、このギターにはそのカラーが用意されていませんでした。なのでナチュラルあたりがいいかな、と思って数店でいろいろ見たのですが、その時たまたま立ち寄った谷口楽器にあったこのギターの雰囲気が良かったので、色にこだわらずにこれに決めたという次第。定価15万のギターでしたがかなり安く手に入れた記憶があります。

ジャケット画像

ラベルはこんな感じ。小ぶりなボディで鳴りもコンパクトにまとまっており、タカミネっぽい上品な音。あまりジャカジャカとローコードをかき鳴らす感じのギターではないです。アルペジオも繊細さが前に出てくる感じで、私の中では買った当初からメインに使うギターというより、ここぞという場面で欲しくなる音、というポジションのギターになっています。

ジャケット画像

ボディと同じカラーで仕上げられた、所謂マッチング・ヘッド。ギターの顔とかよく言われますなー。弾いてるときはそれほど意識しなかったりしますが(デザイン的な意味で)、聴いてる時には気になる部分だったりもしますなー(デザイン的な意味で)。こーいうロゴが大変主張しているヘッドは好きです(笑)

ジャケット画像

こちらもメイプルの杢目がよく出ているネック。エボニー指板は初めてでした。ローズウッドより引き締まった感覚は好みです。ポジション・マークは視認性がよろしい(笑)当時のタカミネのカタログの中でもこれと純アコの一機種でしか使われてないインレイです。ちなみにこのカタログ、材や仕上げに関してはほとんど触れられていないのが面白い。普通のアコのカタログだと、どんな材を使用していてどのような特徴を持つかとか、仕上げの素晴らしさを力説するなどして購買意欲を煽るわけでございますが、このカタログではそーいう記述はひたすらピックアップとプリアンプ、電装系の話ばっかり(笑)やはりエレアコのカタログなんだなぁということでしょーかね。

ジャケット画像

バックもアーチド仕上げになっていて、いかにも鳴りそうな形状です。実際鳴ってるんですが、どっちかというと側鳴りかなぁ。とにかく振動をピエゾで拾う方を主眼に置いた作りのようで、マイクで拾うよりプリアンプ通した方が、分かりやすい音が使えるギターではあるます。ストラップ・ピンはついてるけれど立って使ったことは一度しかない(笑)

ジャケット画像

プリアンプのコントロール。トレブルとベースでコントロールしたトーンをパラメトリック・イコライザーで色付けする感じ。パライコはバイパスも可能。……ところでNPTって何の略なんだ?(^^;
実際に使うときはマイクで拾った音を混ぜた方が心情的に落ち着いて弾けます……弾けてる感じがします(汗

ジャケット画像

それまで10年以上使っていたモーリス以来久々のアコギということで、手に入れた当初はいろんな曲をこれで演ってましたが、やはりモーリスよりふた回りくらいコンパクトなギターということもあり、アンサンブルの中での使い所が意外と難しかったので、次第に自宅での使用がメインとなっていったような。最近はフィンガー・スタイルにアレンジされた音楽(クラシックぢゃないやつ。ポップスとかそーいうの)を爪弾く時に出番が多いギターです。もーちょっと弦高下げられるか、テンションが低めに出来たら弾きやすくなるんですが(汗

てことで試奏している曲もそんなギター・アレンジ曲。南澤大介さんがアレンジされたドラクエのオープニングです。ファミコンで聴いた時からベース・ラインがすごく好きな曲で、そっちをリアルに追っている秋山公良さんのアレンジもやってみたいんですが、ガット弦での演奏は精進が足りませんで(汗

譜面通りに演ろうとしていますが譜面通りになっていないところはごめんなさいするしかないです、はい。本来ならコードをかき鳴らすエンディングですがそこは恥ずかしくて出来なかったのでごめんなさい。かき鳴らす代わりにギター振ってるのはただの癖なので(どんな癖や)気にせんでくだされ(ヲイ)

タカミネ試奏:ドラゴンクエスト「序曲」

Takamine:NPT-115
Shure : SM57
BOSS : AD-5
ZT : Lunchbox
iPhone5Sにて撮影