Video Anthology


ジャケット画像

No Number (Bootleg)

  1. Lousie
  2. I Wish You Would
  3. For Your Love
  4. Hang On Sloopy
  5. I Wish You Would
  6. For Your Love
  7. Heartfull Of Soul
  8. I’m A Man
  9. For Your Love
  10. I Wish You Would
  11. You’Re A Better Man Than I
  12. Shapes Of Things
  13. I’m A Man
  14. Train Kept A Rollin’
  15. Shapes Of Things
  16. Heartfull Of Soul
  17. I’m A Man
  18. Stroll On
  19. Shapes Of Things
  20. Happenings Ten Years Time Ago
  21. Over Under Sideways Down
  22. Heartfull Of Soul
  23. Train Kept A Rollin’
  24. I’m Confused
  25. Goodnight Sweet Josephine
  26. Renaissance

最近出回るようになってきたThe Yardbirdsの海賊盤DVD。従来掲載していた三点のDVDで観ることが出来る映像をひとまとめにしてあるので、便利といえば便利なブツです。後半はジミー・ペイジ時代なので、全ての映像でジェフを観ることが出来るわけではありません。The Yardbirdsの音源や映像はテレビ、ラジオなどに出演した際の素材が多いのですが、ステージでどうだったのかを伝えるライヴ音源の類いはなかなか一般に出回る事はありません。オフィシャルで容易に耳にする事が出来るのはクラプトンの頃のもの位で、ちょっと気張れば、回収になったペイジのころのライヴ盤を聴く事が出来ますが、ジェフの頃のコンサート音源は、存在はしているのでしょうけれども、なかなか耳にする機会がなく、こういったテレビ出演やBBCセッション等から類推せざるを得ないのは、時として歯がゆい思いをする事もあります。


Best Of Shindig !


ジャケット画像

Shot Gun (Bootleg)

  1. For Your Love
  2. Heart Full Of Soul

アメリカで放映されていた音楽番組の映像集。海賊盤ですが、もともとが1960年代のモノクロ・テレビの画質なので、画質に関しては良い方になるのだと思います。多数のアーティストが出てきますので、それらのバンド、アーティストとの関係を思いながら映像を観るとまた楽しめたりします。ヤードバーズは2曲のみ。" For Your Love"で使っているギターが面白いです。


Blow-Up


ジャケット画像
Dl 50015

  1. NTSC、リージョン2

うーみゅ、大変申し訳ありませんが、この映画自体について語ることは、私には出来そうにありません。このフィルムにまとわりついている感覚は、私にはなかなか理解しがたいです。この映画で使われているヤードバーズの演奏シーンは、前述のヒストリー映像にも十分収録されていますから、ジェフ目当てならあちらを観るだけで十分。


Yardbirds


ジャケット画像

AMBY 90054

  1. Louise
  2. I Wish You Would
  3. I’m A Man
  4. Heart Full Of Soul
  5. Still I’m Sad
  6. For Your Love
  7. My Girl Sloopy
  8. Train Kept A Rollin’
  9. Shapes Of Things
  10. Stroll On
  11. Happenings Ten Years Time Ago
  12. Dazed And Confused

ヤードバーズのヒストリー映像。映像、インタビューなどの豊富な資料とともに結成から解散までを追っています。どーも、「三大ギタリストが在籍していた伝説のバンド」みたいな紹介のされ方が一番多かった70年代にヤードバーズを知ったような私くらいの年代の者にとって、ヤードバーズの存在というのは、なんとも微妙なものがあるんじゃなかろうかと思っておる次第です。現役時代に、日本でどの程度の評価、知名度があり、どれだけのリアリティをもって日本のロックファンに受け止められていたのか、とても興味があるです。海外での評価はこの作品である程度伺えるのですが、それでも、アメリカでこのバンドが人気があった理由が、私には実感をともなう形での理解が非常に難しいです。そーいう難しいことを抜きにしてジェフにひたすら注目すれば、初々しいジェフの姿をタップリと拝めること、ジェフの話している姿も観られること、あまり過去のことを話すイメージのないジェフが昔話をかつてのメンバーとともにしていること、などが印象に残ります。貴重なライヴ映像をノーカットでじっくり観たいという欲はありますが。