Live In Japan


ジャケット画像

  1. Highway Star
  2. Child In Time
  3. Smoke On The Water
  4. The Mule
  5. Strange Kind Of Woman
  6. Lazy
  7. Space Truckin’

英米日リリース(時系列順)

Deep Purpleの1972年のツアー集大成であり、彼らのライヴ・アルバムの決定盤であると同時にロック史上に残るライヴの名盤でもある本作は、ご存じの通り1972年8月15日から17日まで行われた彼らの初来日公演を収録したものです。

このアルバムが制作された経緯等は"Live Albums"に述べるつもりですので、ここではまず日本盤が"Live
In Japan"として1972年の12月にリリース、あまりの出来の良さに他の国でもリリースされることになりイギリスでも12月、アメリカで1973年の1月に"Made In Japan"としてリリースされたことだけ書いておきます。1993年にリリースされた3枚組との混同を避けるため、こちらを"Made In Japan"、3枚組を"Live In Japan"として区別したいと思います。

このアルバムのミックスで特徴的なのは、ギターとオルガンの定位がそれぞれ左、右となっていることです。これは、実際のステージを観客席から観た場合、逆になってしまうので、"Live In Japan"のリマスターを鑑修し、ライナーも書いているサイモン・ロビンソン氏は定位を入れ替え、ライナーでも「このアルバムの唯一の欠点」としています。しかし、"Made In Japan"日本盤のジャケットを観ながらこのアルバムを聴く場合、定位はジャケットの写真に見事に合っているのです。当時編集に立ち合ったロジャーがどういった思惑でいたのかはわかりませんが、あながち欠点ともいいきれないでしょう。「欠点を直した」"Live In Japan"のジャケットが"Made In Japan"の日本盤と同様のデザインとなっているのは皮肉なものです。

編集とは書きましたが、オーヴァー・ダブは一切ありません。全て差し替えなし、まぎれもない「生」の彼らのサウンドです。この頃のバンドの状態を考えると、このレベルの演奏をこの時期に繰り広げ、またそれが残されているのは奇跡と言っていいでしょう。日本盤には収録場所の詳しいデータがありませんが、英米盤にはクレジットされています。次の通りです。

曲名 日時 場所
Highway Star 1972年8月16日 大阪厚生年金会館
Child In Time 1972年8月16日 大阪厚生年金会館
Smoke On The Water 1972年8月15日 大阪厚生年金会館
The Mule 1972年8月17日 東京 日本武道館
Strange Kind Of Woman 1972年8月16日 大阪厚生年金会館
Lazy 1972年8月17日 東京 日本武道館
Space Truckin’ 1972年8月17日(1972年8月16日) 東京 日本武道館(大阪厚生年金会館)

あくまでも、ジャケットのクレジットに基づいていますが、クレジットの誤りもあります。カッコ内に記したのは、実際の会場です。

このライヴが収録され、アルバムとしてリリースされるまでの4ヵ月のあいだに、ますますDeep Purpleの中の人間関係は悪化の一途をたどり、日本公演後のアメリカツアー中にとうとうギランが脱退の意思をマネージメントにつたえます。ギランがやめるとなった段階でレコーディングされたのが、次の第2期ラスト・アルバムになった"Who Do We Think We Are!"アルバムです。