Ghost Of A Rose


ジャケット画像

  1. Way To Mandalay
  2. 3 Black Crows
  3. Diamonds And Rust
  4. Cartouche
  5. Queen For A Day (Part1)
  6. Queen For A Day (Part2)
  7. Ivory Tower
  8. Nur Eine Minute
  9. Ghost Of A Rose
  10. Mr. Peagram’s Morris And Sword
  11. Loreley
  12. Where Are We Going From Here
  13. Rainbow Blues
  14. All For One
  15. Dandelion Wine
  16. Just One Minute (Japanese Bonus Version)

英米日リリース(時系列順)

2003年7月1日に日本盤がリリースされた、Blackmore’s Nightのスタジオ・アルバムとしては4作目にあたる作品です。2年に1作のペースでコンスタントに作品をリリースする、その創造力とエネルギーは素晴らしいと思います。

アルバムの内容は、前作"Fires At Midnight"でのアプローチの、自然なフォロー・アップという感じで、アルバムの構成も良く似ています。トラッド、ルネッサンス、ロック、リッチーがこれまでプレイしてきた音楽の断片がこのアルバムで新たに融合し、ブラックモアズ・ミュージックとしか言えないサウンドになってきています。しかし、バンドサウンドとして理解しやすいアレンジが多くなっており、また、シンフォニック的アプローチもより自然な現れ方をするようになってきたので聴いていて重く感じることがありません。結果として前作での方向性をとっつきやすい作風で練り直したような流れになっていると思います。

ハード・ロックを主に聴いてきたリスナーにとって取っ付きやすいのはファースト・アルバムだと思いますが、その次に聴いてほしいのがこのアルバムです。ファーストがトラッドやルネッサンスをロック的な言語で紹介したアルバムとすれば、こちらはフォームとして完成してきたBlackmore’s Nightサウンドそのものを分かりやすく紹介していると思うからです。

当時のインタビューによれば、2003年1月にレコーディングがスタートし、4月には終了したいうことです。プロデュースはパット・レーガンが手掛け、ライヴを行なうラインナップとほとんど同じメンバーでのレコーディングとなりました。主な参加メンバーは、次のとおりです。なお、ライヴでは、Mike Sorrentinoに代わり、 squire Malcom Of Lumley(名前の後に地名がつくのが中世風で良いですな)が参加しています。

  • Ritchie Blackmore
  • Candice Night
  • Sisters Of The Moon – Lady Nancy & Lady Madeline –
  • Lord Marnen Of Wolfhurst
  • Sir Robert Of Normandie
  • Bard David Of Larchmont
  • Mike Sorrentino

2003年はこの陣容でヨーロッパ、アメリカでツアーを行ない、2004年、ヴァイオリンをTudor Roseに変更した編成で、ついに来日公演が実現しました。このアルバムから演奏を確認している曲は次のとおりです。資料が不足しているため、演奏したツアーや場所などの詳細は略させていただきます。

  • Diamonds And Rust
  • Cartouche
  • Queen For A Day (Part1)
  • Queen For A Day (Part2)
  • Nur Eine Minute
  • Ghost Of A Rose
  • Mr. Peagram’s Morris And Sword
  • Loreley
  • Rainbow Blues
  • Dandelion Wine

なお、"Way To Mandalay"は、リッチーがインタビューで「アンコールで時々プレイする」と語っていますが、現時点では確認出来ていません。この他の曲を含め、演奏を確認出来る資料、情報をお持ちの方、お知らせくださるとありがたいです。