1970-07-11 : [Live In Aachen 1970]


ジャケット画像

11 July 1970 : Aachen Reiterstadion, Soers, Germany
  1. Wring That Neck
  2. Black Night
  3. Paint It Black
  4. Mandrake Root

英米日リリース(時系列順)

1970年6月11日にドイツのアーヘンで行われたフェスティバルでの録音です。放送局が収録したものだと言われ、録音バランス、演奏ともに素晴らしいことから、アナログ時代から海賊盤がリリースされ続けていました。このフェスティバルの演奏がどれだけ素晴らしいかは、リッチーが1970年10月に答えたインタビューの中で「最近のショウでベストの日はいつかと聞かれたらドイツでのアーヘン・フェスティバルと答えるよ」と語っていることや、ジョンも「自分でもベストの出来だと思った」というようなことを1971年に語っていることから十二分に伺うことができると思います。

このアーヘンでのフェスティバルに関しての詳細な資料というものはあまり残っていないそうですが、このDeep Purpleが出演した日の前後、2、3日にかけて行われたようです。その他の出演バンドとして名前の見えるのがピンク・フロイド、T-レックス、フリー、キャラバン、キーフ・ハートレイなどのブリティッシュ・グループ、地元ドイツのバンドとして、アモン・デュール Ii、クラフトワークあたりがあげられています。コンサートレポートなどは見つかっていないそうですが、ドイツのミュージシャン、ホルガー・シューカイ (アモン・デュール、ファウストなどと並ぶ1970年代のジャーマン・ロックの代表的グループ、Canのリーダーだった人物です。Canは日本人ボーカリスト、ダモ鈴木が参加していた事でも有名です)が、ニュー・ミュージカル・エキスプレスに語った言葉がオフィシャル盤のブックレットに掲載されています。