1970


掲載アイテム(時系列順)

この年は、オフィシャルで文句なしの名演奏が聴けるので、普通に聴く分にはオフィシャルで十分です。一応日付、場所等はクレジットどおりに載せていますが、今一信頼がおけません。手元にあるツアー日程とかも、どこまで信用していいか判らないので、違う日付、場所の物があるかもしれません。アナログ時代にリリースされていた音源は、Deep Purpleの場合ほとんどCDがリリースされています。ただし、”Back To The Rock”というアナログ盤があるのですが、この中の1970年12月12日の演奏とされる”Into The Fire”、”Lucille”は、データが間違っていないとしたらまだCDにはなってないハズです。

1970年は、即興演奏の面においてはDeep Purpleの最高の時期の一つでしょう。間隔を空けずにツアーに明け暮れていたようです。レコーディングのためにまとまった時間をとるという事を特にせず、リハーサルと実際のステージ上で曲を練り上げて行った感があります。”In Rock”アルバムのすさまじさ、スピード感は、ステージでの破壊力がそのままスタジオに持ち込まれた所から来ているのでしょうね。

セットリストはこの頃から固定されてはいるものの、その即興たるや凄いものがあります。即興のアプローチの方法は全く違いますが、「太陽と戦慄」の頃のKing Crimsonのライヴの破壊力と同等の物が感じられます。ただ、やはり曲数が少ない、セットに変化がない、というのは弱点だと思います。

で、この年のライヴのオフィシャル音源は3種類あります。”Deep Purple In Concert”の70年の分と、”Scandinavian Nights”、それと”Gemini Suite”です。