Autumn Sky


ジャケット画像

  1. Highland
  2. Vagabond (Make A Princess Of Me)
  3. Journeyman
  4. Believe In Me
  5. Sake Of The Song
  6. Song And Dance (Pt II)
  7. Celluloid Heroes
  8. Keeper Of The Flame
  9. Night At Eggersberg
  10. Strawberry Girl
  11. All The Fun Of The Fayre
  12. Darkness
  13. Dance Of The Darkness
  14. Health To The Company
  15. Barbara Allen

英米日リリース(時系列順)

2010年の秋にリリースされた、8作目となるスタジオ作品。前作[Secret Voyage]を最後にSPVレーベルを離れ、Nightwish等をリリースしているSpinfarmレーベルからの発売となりました。一部ではアリオラ・レーベルとしてSony Musicからディストリビュートされています。

この年、リッチーとキャンディスの間に女の子が誕生します。その結果、アルバムタイトルは娘の名前からとられたものになりました。そして、娘のことを歌った曲、"Strawberry Girl"も収められています。アルバムの制作とキャンディスの妊娠、出産がほぼ平行して進んでいったことが、リッチーのインタビューからもうかがえます。

バンドのルーツである古楽やトラッド、カヴァーを取り上げる姿勢等を見つめ直したと思われる前作に続き、カヴァー曲(1, 3, 7など)や古楽の本歌取り(12など)、インストの小品やセルフ・カヴァー("Sake Of The Song")等、Blackmore’s Nightのアルバムで聴くことが出来るバラエティの多彩さは本作でも健在です。一曲目からカヴァー曲でスタートするのは珍しいですが、オープニングに相応しい曲調でシングルにも選ばれており、ファンの人気も高いです。以前のアルバムに比べ、北欧やケルトの香りがやや強い仕上がりに感じるところや、キャンディスの声質に変化を感じる曲があることなど、子供の誕生が当アルバムやBlackmore’s Nightにもたらしたモノに思いを馳せながら聴くのも良いかと思います。ただ、あまりそこに囚われすぎると逆に当アルバムの全体像を見失う結果になりかねないかなと。難しいことは考えずにひたすら音世界に浸るのが、正解でしょう。聴くたびに新しいことに気づかされる、好作品だと思います。

現時点で確認している、当アルバムからのライヴの演奏を確認している曲は以下のとおりです。"Darkness"等が演奏されていないのが意外ですが、これからも増えていくかもしれません。

  • Highland
  • Journeyman
  • Believe In Me
  • All The Fun Of The Fayre