3rd Album (Same Title)


ジャケット画像

  1. Chasing Shadows
  2. Blind
  3. Lalena
  4. (a) Fault Line / (b) The Painter
  5. Why Didn’t Rosemary?
  6. Bird Has Flown
  7. April

英米日リリース(時系列順)

1969年1月にレコーディングされ、同年6月にリリースされた、第1期Deep Purpleのラスト・アルバムです。レコーディングからリリースまで時間があいたのは、やはりメンバーチェンジのごたごたが原因していると思われます。事実、リリースされたときには、すでに第2期Deep Purpleのメンバーは決定しており、翌月にはデビューライヴを行っています。イギリスでは11月にリリースされ、日本では「素晴しきアート・ロックの世界」と題されて9月にリリースされています。こうしてみると、イギリスでは第1期が消滅した後になってセカンド、サードアルバムがリリースされたことになります。この頃の彼らのイギリスにおける立場を象徴しているような感じです。日本におけるワーナーからの再発では、「ディープ・パープル III」というタイトルになっています。

このアルバムは、前2枚に比べると、サウンドがかなり内省的になっているのが特徴です。カヴァー曲も、ドノヴァンの”Lalena”のみと、彼らの本来の世界を大事にした作りになっています。アンサンブルも、どの楽器が目立つ、ということもなく、彼らのアルバムの中では一番バンド・サウンドというものを重視したようなアレンジが目立ちます。ジャケットに使用されたボッシュの絵も、音世界を盛り上げる役割を十分に果たしていて、アート・ロックという言葉がふさわしいアルバムです。

全体的にポップだったり、キャッチーだったりする曲調は影をひそめ、第2期のハード・ロックに通じる陰のある曲が目をひきます。各曲については、アルバムについているメンバー自身のライナー・ノーツをご覧いただけば一目瞭然でしょう。これを書いたメンバーというのが果たして誰なのか、興味が湧くところではありますが、こういう仕事をやりそうなのはこの時期ではジョン・ロードくらいなものでしょうか(笑)

1969年の第1期のライヴ音源というものが現在のところ確認されていないので、ライヴでこのアルバムの曲をプレイしていたかどうかということははっきりと断定できる材料に乏しいのですが、この時期に出演していたBBCで次の曲を聴くことが出来ます。

Lalena
おそらく第1期Deep Purple最後のBBCセッションで録音されたと思われます
The Painter
これも”Lalena”と同じセッションで収録されたと思われますが、一部の海賊盤ではイントロにリッチーのソロがミックスされているものがあり、このテイクは現在オフィシャルでは聴くことができません
Bird Has Flown
ヴォーカルはイアン・ギラン。詳しくはBBC Studio Sessionsを参照してください

ラストに収録されている”April”では、オーケストラを導入したアレンジを聴くことが出来ます。もしこのまま第1期の Deep Purpleが続いていて、ジョンの主導で活動していれば、こういった曲がますます磨き上げられていった事と思いますし、1969年9月に行われたオーケストラとの共演も、もっと違った形を迎えたかもしれません。

先にも書いた通り、このアルバムで第1期 Deep Purpleは終わりを告げます。メンバーチェンジした彼らはステージで、スタジオで曲を練り上げ、大傑作”In Rock”アルバムを引っ提げて登場する……はずでした。しかし、マネージメントが持ってきた「ロックとオーケストラの共演」という仕事が Deep Purpleのイメージをまたまた混乱させてしまうことになります。