Burn


ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Sail Away
  5. You Fool No One
  6. What’S Going On Here
  7. Mistreated
  8. “A”200

英米日リリース(時系列順)

1973年11月にモントルーでレコーディングされ、1974年2月にイギリスでリリースされています。日本、アメリカでは3月にリリースとなっています。ギランとグローヴァーが抜けて、これからどうなる、とファンの誰もが抱いていたであろう不安を吹き飛ばす、リフレッシュした魅力が満ちているアルバムに仕上がっています。

第2期の名曲とされるものは、楽曲そのものよりも、各人のプレイが先行していた観がありますが、このアルバムに収録されている各曲は、演奏もさる事ながら、曲そのものの魅力が大きいことが、特徴としてあげられるでしょう。グレンとディヴィッドのコーラス・ワークも、ここではなかなか調和のとれたものになっていますし、第2期よりもバンド然とした演奏になっています。

このアルバムのハイライトの一つ”Mistreated”は、ライヴでのグレンの曲紹介からも伺えるように、第2期の頃からリッチーが暖めていた曲の様です。こういったブルージーな曲をすでに第2期Deep Purpleの頃に書いていたというのは、大変興味深いです。ひょっとすると、1971年頃にリッチーが企てていたプロジェクト、”Babyface”で作られていたのかもしれません。

このアルバムからライヴプレイが確認できるのは、次の6曲です。

Burn
第3期のウォーム・アップ・ツアーから、コンサートのオープニング曲として、解散までプレイされています。ジョー在籍時の再結成Deep Purpleでも、オープニングとなっています
Might Just Take Your Life
アルバム発表時のツアーでは必ずといっていいくらい演奏されています
Lay Down, Stay Down
“Might Just Take Your Life”と並び、アルバム発表時のツアーで頻繁に演奏されています
You Fool No One
第3期Deep Purpleの終わり、リッチー脱退時まで、イアン・ペイスのドラム・ソロを含む形で演奏されています。ドラム・ソロのあとのエンディングに”The Mule”をつなげて演奏していました
What’S Going On Here
1973年のウォーム・アップ・ツアーで、アンコールとして演奏された記録が残っています。その後演奏されたかどうかは、確認できていません
Mistreated
第3期Deep Purpleの存続期間を通してコンサートのハイライトとして演奏されています

このアルバムは、前年の”Smoke On The Water”のヒットで、ようやくアメリカでも受け入れられるようになったのか、3月23日の Billboardで Top 40に初登場し、最高9位まで上がっています。この成功はメンバーチェンジで不安を抱えた彼らを安心させることになってしまい、結果的に第3期Deep Purpleの存続を短くした遠因ともいえるでしょう。