1970-09-17 : [Gemini Suite]


ジャケット画像

17 September 1970 : Royal Festival Hall, London, UK
  1. First Movement
  2. Second Movement
  3. Third Movement

英米日リリース(時系列順)

1970年9月17日におこなわれたジョン・ロード作曲によるオーケストラとの協奏曲「ジェミニ組曲」の初演を収録したものです。この初演にDeep Purpleのメンバーが参加していたことは以前から知られてはいましたが、後にリリースされたスタジオ録音では、ロジャーとイアン・ペイスのみの参加にとどまり、この初演の録音の存在も日本ではほとんど知られていなかったため、リッチー名義のオムニバスアルバム”Rock Profile Vol.2″で第1楽章が発表されたときはちょっと驚いたものです。

この前年、彼らはやはりジョンの作曲による”Concerto For Group And Orchestra”を発表し、人々の注目を集めていました。ジョンがバンドのリーダーだと認識し始めた周囲の状況に対し、グループ内部ではかなり不満があったようです。とくに”In Rock”アルバムにむけてのツアー、レコーディングの日々を送っていた彼らに、「これからいろいろなコンチェルトをやらされるんじゃないか」という不安を抱かせてしまいます。ジョンとしてはそのような状況は不本意なもので、これ以降、この分野の活動はソロとして行うことでメンバーの同意を得ています。この「ジェミニ組曲」の初演、そして、この一月ほど前にハリウッド・ボウルで行われた”Concerto For Group And Orchestra”の再演(倒産したテトラグラマトンにかわり、ワーナーから再発されたためのプロモーション)はDeep Purpleの活動として行われたものの、それ以降のプロジェクトは全てジョンのソロ名義で行われており、Deep Purpleメンバーの参加は個人の自由意思で行われていました。

そんな状況下でメンバーに気を使ったのか、今回の曲構成は三つの楽章それぞれの中で、メンバー5人がそれぞれソロパートを持ち、オーケストラとのコンチェルトを演奏する形式となっています。「ロックとオーケストラの融合」という、昔よく言われていたコンセプトから見ると、前作からはやや後退したような感じを受けますが、むしろ前作よりも聞き手に分かりやすくなっているという意味では、取っ付きやすい作風になっています。

当初、前作同様ライヴアルバムとしてリリースされる予定だった本作は、ジョン・ロードが「Deep Purpleとしての活動に全力投球したい」ということで、作品としてのリリースはソロ名義のスタジオ録音盤になることになりました。そしてこのライヴ録音が世間に発表されるのはそれから約20年後、先に書いたようにリッチーのセッションを集めたオムニバスアルバム”Rock Profiles Vol. 2″での第1楽章の収録でした。

ちなみにスタジオ盤では、ギタリストにリッチーが尊敬しているアルバート・リー、ボーカリストにトニー・アシュトンとイヴォンヌ・エリマンが参加しています。聴き比べてみるのも面白いでしょう。