Dancer And The Moon


ジャケット画像

  1. I Think It’s Going to Rain Today
  2. Troika
  3. The Last Leaf
  4. Lady in Black
  5. Minstrels in the Hall
  6. Temple Of The King
  7. Dancer and The Moon
  8. Galliard
  9. The Ashgrove
  10. Somewhere over the Sea (The Moon Is Shining)
  11. The Moon Is Shining (Somewhere over the Sea)
  12. The Spinner’s Tale
  13. Carry On… Jon

英米日リリース(時系列順)

2013年6月にリリースされた、通算8作目となるスタジオ・アルバム。近年、新作をリリースするたびにレコード会社を変えていますが、今回はイタリアに本拠地を置くFrontiersからの発売となりました。レコーディングの経緯や収録曲の概要については、"BURRN!"誌の2013年7月号掲載のリッチーとキャンディスのインタビューをご覧ください。

前作でやや強調されていたケルト、北欧の香りがやや後退し、東欧のムードの比重が若干高まっているような第一印象から、聴き込むごとに新しい発見ができる作品。従来のアルバムで構成上ポイントを占めていたルネッサンス舞曲等の直接的な引用は本作では登場しないものの、リッチーの紡ぎ出すメロディーにその香りを十二分に感じることができるので、Blackmore’s Nightサウンドの核は健在と言えます。カヴァー曲でスタートするのは前作と同じですが、今回の"I Think It’s Going to Rain Today"はBlackmore’s Nightとしての活動を開始した1997年から折に触れてプレイされていた曲です。

Uriah Heepのカヴァーである"Lady in Black"やセルフ・カヴァーの"Temple Of The King"も要所で配されており、トラディショナルなメロディーを散りばめたナンバーやギターの小品、同じメロディを2曲の違うアレンジで聴かせるナンバーなど、これまでのBlackmore’s Nightサウンドの組み立てがより自然な形で表れるようになってきています。この印象は[Secret Voyage]以降に顕著になってきたところで、よりパーソナルな面にリッチーの関心が向いてきているのを感じるところです。それを一番感じられるのが最終曲"Carry On… Jon"ではないでしょうか。パーソナルな題材を楽曲に反映させる楽曲作法はDeep PurpleやRainbowの頃から時折ありましたし、Blackmore’s Nightになってからは増えてはいたのですが、リスナーに直接それとわかるタイトルをつけたことは今までほとんどありませんでした。それだけ、リッチーにとってジョン・ロードの存在が大きなものだったことが改めて伺えます。

コンサートでの演奏を確認している曲は以下の通りです。その他の曲の演奏例をご存知でしたら教えていただけると喜びます(・∀・)

  • I Think It’s Going to Rain Today
  • Troika
  • Minstrels in the Hall
  • Temple Of The King
  • Dancer and The Moon
  • The Moon Is Shining (Somewhere over the Sea)
  • Carry On… Jon