1969


Mark 1

第1期の69年のライヴ音源というのは聴いたことがありません。DPASのホームページによれば、今年(2000年)になって、音源が発見されたということです。聴いてみたいですね。BBCセッションは、幾つか残されていますが、それらは"BBC Studio Sessions"にリストしてあります。

この年の7月にメンバーチェンジがあり、ボーカルにイアン・ギラン、ベースにロジャー・グローヴァーを迎え、第2期 Deep Purpleがスタートします。

Mark 2

掲載アイテム(時系列順)

この年の6月にメンバーチェンジして、第2期Deep Purpleがスタートします。彼らの初ライヴは、1969年7月10日、「スピーク・イージー」でした。メンバーは、次の通りです。

  • Jon Lord (Org.)
  • Ian Paice (Dr.)
  • Ritchie Blackmore (G)
  • Roger Glover (B)
  • Ian Gillan (Vo.)

一般的に、Deep Purpleの絶頂期というと、この第2期をあげることが多いようです。しかし、本当の意味で絶頂だった時期は、第2期の中でもほんの短い期間でした。

この1969年はメンバーチェンジの直後であることや、グループの方向性をハードロックよりに変更したことで、ステージのレパートリーが少なく、5、6曲しか1回のステージで演奏していませんが、1時間半から2時間の演奏を繰り広げ、即興の醍醐味が堪能できます。絶頂期に向けて上っていく彼らの初々しい姿が魅力です。「イン・ロック」レコーディング前でもあり、後にアルバムに収録される曲ができ上がっていく過程が聴くことが出来る、面白い時期でもあります。

第2期の1969年の音源も、オフィシャルを含めても2種類程度しか知られていません(BBCをのぞく)。この時期のオフィシャル音源は、9月24日に行なわれた、オーケストラとの共演があります。ビデオも出てますのでそれを観るほうが退屈しないと思いますが、ビデオは若干カットがあります。この日の第1部で行なわれたDeep Purpleだけの演奏は、"Power House"などのCDで3曲聴くことが出来ます。