Fireball


ジャケット画像

  1. Fireball
  2. No No No
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Anyone’s Daughter
  5. The Mule
  6. Fools
  7. No One Came

英米日リリース(時系列順)

前作”In Rock”リリースから3ヵ月後の1970年9月から制作がスタートし、レコーディングが完了したのが翌年の6月と、忙しくなったツアーの合間を縫うようにして作られ、7月にまずアメリカでリリース、9月にはイギリスでもリリースされます。同時期に日本でもリリースされています。イギリス盤は、アメリカ盤、日本盤と異なり、”Strange Kind Of Woman”のかわりに”Damon’s Eye”が収録され、”Strange Kind Of Woman”はシングルとしてリリースされています。

“In Rock”の成功で、ヨーロッパでの地位を確立した彼らは、ものすごい数のツアーをこなしながらこのアルバムを制作しました。普通ニュー・アルバムでは、好評だった前作のフォロー・アップを狙うものだと思うのですが、このアルバムではあまりその様な方向性を感じません。たしかにハード・ロックではありますが、前作ほど徹底してはおらず、練りこまれていない印象を受ける曲も目に付きます。制作に要した期間は大変長いものですが、実際に作曲、レコーディングに費やすことの出来た時間はそれほど多くなかったのではないかと思われます。それに加えて多くのツアーによりメンバーに疲れが出てきたのでしょう、前作ではこのアルバムの状態からあのテンションまで持っていく役割をリッチーがしていたように思うのですが、ここではリッチーがイニシアティヴをとっているような雰囲気はありません。

普通に彼らがセッションをして、それをテープに収めればこのような雰囲気の音楽になるのかもしれません。メンバーの誰が目立つということもなく、彼らのもともとの音楽性を感じることが出来るアルバムです。言ってみれば第2期のアルバムの中では一番バランスがとれているアルバムでしょう。しかし、バランスがとれていれば傑作かといえば必ずしもそうではないというか、うーみゅ。前作の方向を期待するファンにしてみれば物足りない作風ではあります。

事実彼ら自身もあまりこのアルバムには納得していなかったようで(当時このアルバムを気に入っていたのはイアン・ギランだけでした)、このアルバム制作中から、新曲として収録曲をライヴ・プレイしたりしていますが、後々まで残った曲は多くありません。

Fireball
1971年のツアーから、コンサートのラスト・ナンバーやアンコール曲としてたまにプレイされましたが、それほど長い期間に渡ってプレイはされませんでした
No No No
こちらも1971年から1972年にかけてツアーで度々演奏されています。”Beat Club”出演時の映像もあります
Strange Kind Of Woman
1971年1月から早くも演奏され始め、リッチーとギランのコール・アンド・レスポンスのパフォーマンスが有名です
Anyone’s Daughter
1971年にTV出演で演奏したと思われる音源が残っています。また、1993年のツアーからも演奏しています
The Mule
イアン・ペイスのドラム・ソロを聴かせる曲として、第3期の頃まで演奏されていました
No One Came
リッチー脱退後の再結成Deep Purpleのツアーで、この曲を演奏しています
Damon’s Eye
1971年当時のツアーでときどき演奏していました。TV出演時のものとおぼしき演奏も残されています

このアルバムの制作過程はメンバー全員に悔いがあったようで、アルバム制作中にも関わらず早くも次のアルバムに収録する曲を作り始めました。そして、この年の終わりには”Fireball”がまだ売れていたにもかかわらず、スイスへニュー・アルバムのレコーディングに向かいます。