Who Do We Think We Are!


ジャケット画像

  1. Woman From Tokyo
  2. Mary Long
  3. Super Trouper
  4. Smooth Dancer
  5. Rat Bat Blue
  6. Place In Line
  7. Our Lady

英米日リリース(時系列順)

初来日前の1972年6月頃にローマでレコーディングが始まりましたが、この時はモービル・ユニットがレコーディング場所だった城の門を通らないなど、アクシデントが重なったためにはかどらず、結局本格的なレコーディングセッションは、ギランが脱退をマネージメントに表明した後の10月下旬、ドイツで行われました。まず2月にアメリカでリリースされ、3月にイギリス、日本でリリースとなっています。日本では「紫の肖像」と言うタイトルでリリースされています。

バンドの人間関係が最悪の時期にレコーディングされたためか、アルバムの焦点がどこにあるのかがよくわからない、散漫な仕上がりになっています。リッチーの色があまり感じられないのは、"Fireball"同様ですが、"Fireball"以上に曲を練りこんでいないのがありありとわかり、メンバーのアイディアをなんの話し合い等もしないままただテープに収めた様な感じです。逆に言えば、アイディアはすごく興味深いものが多数収録されていて、じっくり聴きこめばかなり楽しめるものになっています。

ローマでただ1曲仕上げられた"Woman From Tokyo"のエンディングのピアノソロの部分は、本来はリッチーがギターソロをとるはずだったということです。しかし、自分のソロのあまりの出来のひどさに嫌気がさしたリッチーは、ジョンにこの部分を弾いてくれるように頼んだということです。僅かに残されたギターソロの部分も、いろいろなギター雑誌などで「最悪」との評価でしたから、消された部分がどの程度の出来だったかは推して知るべしでしょう。

その他の曲も、リズム面やアレンジの面でのアイディアは注目すべきものがいろいろとあります。"Super Trouper"でのソロ部分の引っかかるようなリズム・パターン、"Smooth Dancer"の"Speed King"を発展させたようなリフと構成、そしてリズムの面白さ、"Rat Bat Blue"でのジョンのめまぐるしいアルペジオ・ソロ、"Place In Line"でみせるブルーズ・ジャムなど……ただ、どの曲にしてもライヴ・プレイをあまり考えていない様な感じで、これから煮つめていく様な段階でアルバムに収録されているような印象です。

このアルバムからプレイされた曲は2曲、そして第2期のこの時期に新曲としてプレイされていたのは僅かに1曲と、寂しいものですが、これもアルバムの出来を考えれば仕方のないことかもしれません。

Woman From Tokyo
アルバム発表当時は全く演奏された記録が残っていません。リッチーは当初この曲を全然気に入っていなかったようです。ギランが考えたメロがリフと同じだったので嫌だったようですが、後にこの曲がヒットすると好んでプレイするようになります。再結成Deep Purpleのアメリカ・ツアー初日から演奏されるようになりました
Mary Long
発表当時唯一プレイされたのがこの曲です。"Child In Time"のかわりにセットリストに入り、ヨーロッパ・ツアー、アメリカ・ツアーではレギュラーで演奏されています。第2期のラスト・ツアー、日本公演ではなぜかはずされ、"Child In Time"が復活しています

結局このアルバムが第2期のラスト・アルバムになり、イアン・ギランとロジャー・グローヴァーは1973年6月29日の日本公演を最後に脱退します。残ったメンバーは2人の新メンバーを迎え、Deep Purpleを再スタートさせますが、一直線に突き進む潔いハード・ロックを弾き出したDeep Purpleは、この時点で無くなったといえるでしょう。