1974-04-09 : [Perks And Tit]


ジャケット画像

9 April 1974 : San Diego Sports Arena, California, USA
  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water
  6. Keyboard Solo

英米日リリース(時系列順)

1974年4月9日、カリフォルニア州サンディエゴ・スポーツ・アリーナで行なわれたコンサートの放送用音源を収録したものとなっています。

このコンサートは、"Burn"アルバムのプロモーションとして行なわれた第3期Deep Purple初のアメリカ・ツアーの最終日にあたり、カヴァデールがMCで"This Is The Last Gig Of Our Tour "とアナウンスしています。このツアーについての解説は"Deep Purple Live CD 1974"の項でおこなっていますので、そちらをご覧ください。当初2月にスタートする予定だったこのツアーはジョン・ロードの入院ですべてのスケジュールが延期になっています。サンディエゴも、2月12日予定だったものが4月9日に延期されての開催となりました。

オープニングからリッチーのギターにトラブルが出て、チューニングを崩したプレイが続きますが、"Mistreated"でのプレイはそのマイナスを取り戻すに十分すぎるほど素晴らしく、この音源が海賊盤の頃から名盤とされてきたのもうなずけます。

海賊盤として初めてオリジナル盤がリリースされたのは1975年、当時、TMOQと並んで有名だったTAKRLがリリースしたものです。この時には"Smoke On The Water"を除く4曲が収録されました。後に、上段に掲載した"Just Might Take Your Life"のタイトルのもとになった海賊盤で、"Burn"の前のオープニング部分が初登場し、2枚組海賊盤"California Jam ’74"で、"Smoke On The Water"が初収録される、といった流れで、少しづつこの音源が出されてきています。