Ritchie Blackmore’s Rainbow


ジャケット画像

  1. Man On The Silver Mountain
  2. Self Portrait
  3. Black Sheep Of The Family
  4. Catch The Rainbow
  5. Snake Charmer
  6. The Temple Of The King
  7. If You Don’t Like Rock’n’roll
  8. 16th Century Greensleeves
  9. Still I’m Sad

英米日リリース(時系列順)

アルバムが制作された経緯は上の文章を読んでもらうとして(全然わからんぞ!という方は本屋さんに行って下さい(笑))、この記念すべきデビュー・アルバムはリッチーが Deep Purpleとして最後のステージに立った1975年4月7日から約4カ月後、1975年8月10日にイギリスでリリースされました。日本では「銀嶺の覇者」の邦題が付けられてリリースされています。ラインナップは、次の通りです。

  • Ritchie Blackmore (G)
  • Ronnie James Dio (Vo.)
  • Gary Driscoll (Dr.)
  • Craig Gruber (B)
  • Mickey Lee Soule (Key)

全体的に、 Elfの持っていた泥臭いリズムの上に、リッチーが自由奔放にギターを弾き、ロニーが Elfでは生かし切れなかった本来の持ち味を発揮しつつある、という印象です。やはりソロ・アルバムとして制作されたからか、あまりバンド・サウンドという方面に気を配っていないような感じで、リッチーにしてみればやりたいことを思い切りやっただけで満足していたような感があります。3や5、7といった曲は Elfの持っていたロックンロール的な部分がうまく生かされているように思いますが、このあと Rainbowが向かっていた方向性、1や4、8などの曲では違和感のある部分が見えてしまいます。

結局ライヴ・リハーサルを重ねる段階でロニーを除く3人は姿を消し、次のアルバムのラインナップ、俗に「三頭政治」と云われる時代へと移っていきます。このアルバムに収録された曲で、ライヴ・プレイされているのは次の曲です。

Man On The Silver Mountain
ファースト・ツアーから、1980年代にかけて、長年に渡って演奏されました。
Self Portrait
1975年のファースト・ツアーで演奏されています
Catch The Rainbow
この曲も Rainbowの存続期間を通して演奏されました。
The Temple Of The King
1995年に再編された Rainbowで演奏されるようになりました。初期には演奏していないようです
If You Don’t Like Rock’n’roll
1975年のツアーで、アンコールで演奏されていたようです
16th Century Greensleeves
ある意味で Rainbowはこの曲から始まったと言ってもいいでしょう。ロニー時代以外では演奏例を知りませんが、Blackmore’s Nightで再び演奏するようになりました。
Still I’m Sad
ライヴではヴォーカル入りでドラム・ソロ、キーボード・ソロも導入されたアレンジが施され、ロニー時代のコンサートのエンディング曲として演奏されていました