Rainbow Rising


ジャケット画像

  1. Tarot Woman
  2. Run With The Wolf
  3. Starstruck
  4. Do You Close Your Eyes
  5. Stargazer
  6. A Light In The Black

英米日リリース(時系列順)

Deep Purpleの"In Rock"、"Machine Head"とならび、リッチーの作品中でも傑作の呼び声の高いアルバムです。前項で書いたように、デビュー・アルバムで顔をみせていたラインナップは、ファースト・ツアーが始まる前に一変します。ロニーを除く元 Elf組は全員姿を消してしまうという、思い切ったメンバー・チェンジが大きな話題を呼びました。しかし、このアルバムを聴くとこのメンバー・チェンジは正しいものだったことが納得できます。

1976年2月14日にレコーディングが開始され、同年4月にリリースされました。日本では「虹を翔る覇者」の邦題でリリースされています。このアルバムで顔を揃えているラインナップは、次の通りです。

  • Ritchie Blackmore (G)
  • Ronnie James Dio (Vo.)
  • Cozy Powell (Dr.)
  • Jimmy Bain (B)
  • Tony Carey (Key)

このラインナップになったのは、前年のファースト・ツアー開始時で、このとき、すでにこのアルバムに収録されることになる4、5、6をプレイしています。リッチーが当時インタビューで「まるで"In Rock"アルバムの頃みたいだ」と言っていたのは、ツアーで曲を練り上げていった過程などを指していたものと思われます。その成果は如実に現われていて、特にアナログではb面だった5、6の凄まじさは、群を抜いています。

このアルバムから加わったコージーの華のあるドラミング、ロニーの驚異的なヴォーカル、そしてリッチーのギターと、ここに Rainbowの中核が揃います。反面、キーボードとベースの存在感の薄さが気になりますが、これがまたメンバーチェンジのタネになっていきます。

このアルバムからライヴ・プレイが確認されているのは、次の曲です。

Starstruck
1曲としてプレイされているのは確認されていませんが、"Man On The Silver Mountain"のメドレーで頻繁に演奏されています
Do You Close Your Eyes
アルバム・リリース前のファースト・ツアーでは、オープニングとして演奏されています。アルバムがリリースされてからは、アンコールで演奏され、リッチーのギター・クラッシュが見せ場となっています
Stargazer
ファースト・ツアーですでに演奏され、1976年のツアー全部を通して演奏されています。グラハム・ジョーの時代にもコンパクトなアレンジではありますが、演奏しています
A Light In The Black
ファースト・ツアーと1976年のアメリカ・ツアーまでは"Stargazer"に続いてメドレーで演奏されていました。その後のヨーロッパ・ツアーあたりからは、メドレーは演奏されなくなり、この曲は時々"Do You Close Your Eyes"のかわりにアンコールでプレイされる程度になります。"Lost In Hollywood"で、この曲のキメだけが演奏されることもありました