Shadow Of The Moon


ジャケット画像

  1. Shadow Of The Moon
  2. The Clock Ticks On
  3. Be Mine Tonight
  4. Play Minstrel Play
  5. Ocean Gypsy
  6. Minstrel Hall
  7. Magical World
  8. Writing On The Wall
  9. Renaissance Faire
  10. Memmingen
  11. No Second Chance
  12. Mond Tanz
  13. Spilit Of The Sea
  14. Greensleeves
  15. Wish You Were Here
  16. Minstrel Hall (Bonus Truck Version)
  17. Possum’s Last Dance

英米日リリース(時系列順)

1997年4月23日に日本先行でリリースされた、Blackmore’s Nightのファースト・アルバムです。

実際の曲の準備などは、再編成Rainbowの活動と平行して少しづつ進んでいたようで、1996年の"Burrn!"誌のインタビューなどでも、何曲かの名前が触れられています。実際のレコーディングはおそらく1996年末から1997年初頭にかけてと思われますが、確証はありません。クレジットによれば、リッチーのギターとベース、キャンディスのヴォーカル、数人のアンサンブルの他は大半がプロデューサーであるパット・レーガンの打ち込んだサンプリングによるもののようです。また、4曲目の"Play Minstrel Play"では、Jethro Tullのイアン・アンダーソンが吹くフルートが聴けます。

リッチーのルネッサンス音楽への興味は、インタビュー記事などで再三触れられてきていますので、そちらをご覧ください。1970年代からプライベートで演奏してきたという音楽を、キャンディス・ナイトというシンガーをパートナーにして、ついに具体化した音楽で、リリース当時はファンの注目度も相当高いものでした。同時リリースでビデオも発売され、そこでもリッチーのこの音楽に対する情熱を伺うことが出来ます。このアルバムに収められている音楽は、その情熱に相応しく、どれも素晴らしい内容となっています。

このアルバムに収められている曲で、ライヴでプレイされなかった曲は一曲もありません。Blackmore’s Nightの音楽の基本的な骨格をそのまま示したアルバムと言って良いでしょう。メロディやコード進行などの特徴的な部分は、それまでのリッチーの音楽にも自然に出てきていたものですが、もろにトラッドをぶつけるような形は極力避けているように感じます。そのため、それまでHr/Hmを中心に聴いてきたファンにも、受け入れやすい形となっているように思います。ファースト・アルバムとしては素晴らしい完成度を誇っている作品と言えます。

日本盤ボーナストラックとして、次の2曲が収録されています。

Minstrel Hall (Bonus Truck Version)
Bmgよりリリースされた初回盤にも収録されていた曲で、本編に収録されているテイクとは、微妙に弾き方が異なるリッチーのギターに、オーケストラがオーヴァー・ダブされています。
Possum’s Last Dance
アルバムのレコーディングが終わり、日本公演が始まるまでの間に、日本公演でキーボードをプレイしていたジョー・ジェイムズをプロデューサーとして録音された小品です。来日時のラジオ・インタビューで少しプレイしているのを始め、日本公演のコンサート終了後のBgmとして流されていたりしました。ごく稀にシークレット・ギグなどでプレイされたりもしていたようです。最初に収録されたのは1998年にリリースされたアメリカ盤ですが、その後、ギリシャ盤、この再発日本盤など、いろいろなアルバムに収録されています。憶えやすいメロディとリッチーの指さばきを堪能できる佳曲として人気が高いです。