The Village Lanterne


ジャケット画像

  1. 25 Years
  2. Olde Village Lanterne
  3. I Guess It Doesn’t Matter Anymore
  4. The Messenger
  5. World Of Stone
  6. Faerie Queen
  7. St. Teresa
  8. Village Dance
  9. Mond Tanz – Child In Time
  10. Streets Of London
  11. Just Call My Name (I’ll Be There)
  12. Olde Mill Inn
  13. Windmills
  14. Street Of Dreams
  15. Once In A Garden
  16. Street Of Dreams (With Joe)

英米日リリース(時系列順)

2006年1月に日本盤が先行リリースされ、2006年春に欧米でも登場した、Blackmore’s Nightのスタジオ第五作目になります。ここに来て、「二年に一度の新作リリース」というペースが崩れましたが、2004年のベスト・アルバムや、2005年の先行シングルなど、新曲のリリースは続いていましたので、リッチーの創作ペースそのものはさほど変化がないといって良いでしょう。

各曲の出来はそれぞれ素晴しく、冒頭のハーディ・ガーディで一気にBlackmore’s Nightの世界に引き込まれるオープニングの"25 Years"や、エレクトリック・ギター中心のアンサンブルによるBlackmore’s Night流のトラッド・ロックの様式を確立したとも言える"I Guess It Doesn’t Matter Anymore"、"Play Minstrel Play"から一貫して試みられている中世の舞曲様式を意識した構成による"Faerie Queen"など、どの曲も聴き込むほどに発見があります。ドラムは、アメリカでは知られたセッション・ミュージシャンであるアントン・フィグ(KISSの"Dynasty"アルバムや"Unmasked"アルバムで、ピーター・クリスの代わりにプレイしている事は有名です)が叩いており、従来の作品に比べると、全体としてリズムの面でややモダンさが加わっているように思います。

このアルバムの収録曲がいつ頃レコーディングされたものなのか、時系列を推定出来るような資料にいまだ恵まれないためはっきりしません。2005年秋に先行シングルとしてリリースされた"Just Call My Name (I’ll Be There)"や"Olde Mill Inn"も今回のリリースにあたって再録音されていたり、ライヴのレパートリーだった"St. Teresa"や"Mond Tanz – Child In Time"の録音、ジョーの参加("Street Of Dreams"の再録音)などから邪推すると、一度出来上がったアルバムの全体像を再考したようにも感じます。「アルバムにコンセプトを持たせた事はない」というリッチーですから、聴き手がアルバムの構成にことさら意味を求めても無駄ですが、新曲中心の前半部と、既知のナンバーが多い後半部で、アルバムの流れに若干の違和感を感じる事もあります。とはいっても各曲とも魅力溢れる力作だと思いますし、ライヴ・パフォーマンスが楽しみになる作品群です。

アルバム・リリースにともなうツアーの内容をまだ実際の音として把握していないので、ライヴでプレイされている楽曲については書く事が出来ませんが、アルバム・リリース前にコンサート・ツアーなどで演奏していた事を確認している曲は次のとおりです。

  • World Of Stone
  • St. Teresa
  • Mond Tanz – Child In Time
  • Streets Of London
  • Street Of Dreams