Stormbringer


ジャケット画像

  1. Stormbringer
  2. Love Don’T Mean A Thing
  3. Holy Man
  4. Hold On
  5. Lady Double Dealer
  6. You Can’T Do It Right (With The One You Love)
  7. High Ball Shooter
  8. The Gypsy
  9. Soldier Of Fortune

英米日リリース(時系列順)

1974年8月にミュンヘンでレコーディングされ、同年12月にリリースされています。このアルバムを最後にリッチーは Deep Purpleを脱退し、リッチー在籍最後のスタジオ・アルバムになっています。

前作から加入した新メンバーがバンドに馴染んでくるにつれ、各々の音楽性を主張し始めます。彼らの方向性がリッチーと一緒であれば、もうちょっとこのラインナップは存続する可能性があったと思いますが、2人の、特にグレンの方向性はリッチーの目指すものとはかけ離れたものでした。お互いに、お互いの曲をやりたがらなかったことが、後年リッチーのインタビューでも、語られています。

そして”Burn”アルバムの成功によってメンバーが安心してしまい、バンドとしての一体感が薄れていき、各自のエゴがまた噴き出すようになっていったということです。リッチーは「どんな曲を書いても、ギター・ソロ、オルガン・ソロを入れて、同じように処理されてしまう。」と、語っています。

上記の理由に加え、ロニー・ジェイムス・ディオという才能に出会ったリッチーは、次第に Deep Purpleのメンバーとレコーディングをしたいという気持ちが薄れていったといいます。そのためレコーディング中もあまり口を出さなかったようで、”Who Do We Think We Are!”同様、リッチーのキャラクターを従来ほど感じない曲が多くなっています。

アルバム自体に目を向ければ、ディヴィッドやグレンの素晴しいヴォーカルを堪能できる佳曲が多数収録されていて、決して悪い出来ではありません。「リッチー最後の Deep Purple作品」という感傷で聴くと物足りなさを覚える部分もありますが、1枚のアルバムとして聴けば、 Deep Purpleの新しい方向性を暗示するなかなかのアルバムだと思います。しかしこの方向性は、あまり評論家筋には受け入れられなかったようで、好評は得られなかったといいます。一方、商業的には前作の勢いもあり、アメリカではチャート20位、イギリスでは6位まで上がっています。

このアルバムからライヴ・プレイされている曲は、以下の曲になっています。

Stormbringer
アルバム発表時のツアーで演奏され、1976年に Deep Purpleが解散するまで演奏され続けました
Lady Double Dealer
同じくアルバム発表時のツアーから演奏され始めています
The Gypsy
アルバム発表時のツアーで演奏されましたが、リッチーが脱退したあとは、演奏されなくなってしまったようです
Soldier Of Fortune
第4期Deep Purpleになってから演奏されるようになりました。第3期での演奏は、確認していません