Nobody’s Perfect


ジャケット画像

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Perfect Strangers
  4. Hard Lovin’ Woman
  5. Knocking At Your Back Door
  6. Child In Time
  7. Lazy
  8. Black Night
  9. Woman From Tokyo
  10. Smoke On The Water
  11. Hush

英米日リリース(時系列順)

再結成が発表された当初から、「ライヴ・アルバムの制作」というのは計画に入っていたようですが、なぜこの時期のツアーでその計画が具体化したのか、詳しい理由はわかりません。昔からDeep Purpleが正式のバンド・ローテーションとしてライヴをリリースする時はロクなことがないわけですが、今回も、このアルバムがリリースされたあと、グループの活動としては沈黙が続き、結局メンバーチェンジという事態になっています。

収録されたマテリアルは、1987年のツアーでレコーディングされたもので、主なものは5月23日に行なわれたロス・アンジェルス、Irvine Meadowsでのステージ、そして、その他の各地で収録されたテープを編集して作り上げられたコンサートになっています。1曲の中で違う日のステージが組み合わされているものもあり、ライヴを素材にした作品としてのアルバムになっています。"Made In Japan"のようなナチュラルな感動は全く期待出来ませんが、ライヴで刻々と姿を変えていく作品群を定着させる試みとしては悪くないと思います。

ミックス作業は1988年の2月頃に行なわれ、この時、「そういえば結成20周年だから」という話になって、スタジオで一発録りされたのが、ボーナストラックとして収録された"Hush"です。ミックス段階で入れられたであろう、冒頭の鳥の鳴き声がまぬけですが、この年のツアーでアンコールに演奏されたのをきっかけに、リッチーが脱退した現在でもDeep Purpleのコンサート・レパートリーとして長くプレイされています。アルバムのリリースは1988年7月で、Lp、CD、カセットともに収録曲が異なるという、コレクター泣かせのパターンでリリースされました。実際、ファンの間以外ではほとんど話題にならず、現在でも評価は高くないアルバムです。CDはいちばん中途半端な選曲で、新曲を聴かせたいのか、往年の名曲で客を呼びたいのか、いまひとつはっきりしないし、アルバムの流れもあまりよろしくありません。近年リマスターされ、当時リリースされた曲を全て収録した二枚組フォーマットでリリースされたCDがありますから、これから聴く方はそちらを断然お薦めします。

このライヴ・アルバムをリリースした後、Deep Purpleは前年にキャンセルになった分のアメリカ・ツアーを8月に(この時に行なわれたジャイアント・スタジアムでのコンサートを、キャンディス・ナイトは観ているそうです)、そして、このライヴのプロモーションをするためのヨーロッパ・ツアーを9月に行なっています。