Come Hell Or High Water


ジャケット画像

  1. Highway Star
  2. Black Night
  3. A Twist In The Tale
  4. Perfect Strangers
  5. Anyone’s Daughter
  6. Child In Time
  7. Anya
  8. Lazy
  9. Space Truckin’
  10. Woman From Tokyo
  11. Speed King
  12. Smoke On The Water

英米日リリース(時系列順)

"The Battle Rages On…"アルバムリリース後のヨーロッパ・ツアーの模様を収録したライヴ・アルバムで、1994年にリリースされています。当初、リッチー脱退後にヘルプで加入していたサトリアーニが参加したテイクが日本盤ボーナスで収録されるという計画だったようですが、結局、リッチー在籍時のテイクだけで構成されています。

7月末から予定されていたアメリカ・ツアーがキャンセルになったため、9月末からスタートしたヨーロッパ・ツアーがこのラインナップでの初のツアーになり、同時に最後のツアーになったわけです。このツアーは、アルバムの出来や制作時の状況にもかかわらず、当初のステージ上では素晴らしい演奏を展開していたようです。このCDで主に使われている、10月16日のシュツットガルトのステージはツアー中のベスト・パフォーマンスが繰り広げられた日とされています。反対に映像でリリースされている、11月9日のバーミンガムでのショウは、ワースト1に数えられています。どーも、ビデオとCDの演奏が同じと思っている方々もいらっしゃるようで、このアルバムの演奏の出来が言及されることはほとんどありませんが、ビデオを観て、この時期のバンドのパフォーマンスがあの程度だと思われてしまうのはちょっとツラいなぁと。"Anya"の出来なんか、段違いです。ちなみに、このCDには収録されていませんが、リッチーのソロ・パートで演奏されていた"Difficult To Cure"で、キャンディス・ナイトが密かにバック・コーラスを担当していました。

掲載した日本盤では"Lazy"、"Space Truckin’"、"Woman From Tokyo"の3曲がボーナス・トラックで収録されており、海外盤はこれらを除いた全9曲でリリースされました。この時のツアーは前半のイタリア・ドイツでの出来が素晴らしく、テープがあるものならこのあたりのステージをフル収録したオフィシャル・ライヴ・アーカイヴを望みたいものです。

このヨーロッパ・ツアー最終日である1993年11月17日のヘルシンキのステージを最後に、リッチーはDeep Purpleを脱退します。その結果、すでに予定していた日本公演には現れないことになり、日本のファンをかなりがっかりさせました。コンサート当日まで知らなかったファンも多かったようで、武道館でも、プロモーターが出していた立て看板を呆然と見上げていた人々がいた事を思いだします。リッチーはこの後しばらく沈黙を守りますが、新バンドのメンバーなどを集め、2年後にはライヴ・ステージに帰ってくることになります。