1970-11-12 : [Scandinavian Nights]


ジャケット画像

12 November 1970 : Konserthuset, Stockholm, Sweden
  1. Speed King
  2. Into The Fire
  3. Child In Time
  4. Wring That Neck
  5. Paint It Black
  6. Mandrake Root
  7. Black Night (Encore)

英米日リリース(時系列順)

この時期、Deep Purpleは北欧で3公演を行っています。この音源はその北欧3公演のうち、1970年11月12日にスウェーデンで行われたコンサートを地元のラジオ局が放送用に収録していたテープが元になっています。この公演は北欧初日というのが定説ですが、11日にノルウェーでコンサートが行われているとする資料もあり、やや迷うところです。1970年後半は”In Rock”アルバムと”Black Night”のヒットに伴い、ヨーロッパでの彼らの人気は物凄いものになりました。当然数多くのコンサートを行うわけですが、どこの国でもファンの熱狂的な歓迎を受けます。この音源は、上り調子にあった彼らのベスト・コンディションに近い状態で録音され、素晴らしい演奏が十二分に味わえます。8トラック、1インチのマスターテープに録音された当日の曲順は上に上げたとおりとなっています。

初のオフィシャルリリースとなった”Into The Fire”のライヴ・ヴァージョンと”Paint It Black”も注目ですが、なんといってもインプロヴァイズの嵐である、”Wring That Neck”と”Mandrake Root”の2曲が聴きものです。両者とも30分近い演奏を繰り広げ、その破壊力にはただただ圧倒されるしかありません(この10日後のクロイドンのステージでは、”Wring That Neck”を40分以上演奏したという話が伝わっています)。ジャズなどの即興と違って、彼らのこの手の演奏にはある程度のお約束なフレーズが存在する(もっとも、これもライヴを重ねて出来上がっていくものなのですが)わけですが、そのお約束的なやりとりも、リッチーのシニカルなユーモアや、ジョンの律儀さなど、メンバー全員の人間関係や個性をなんとも魅力的に引き出しており、”Machine Head”あたりから彼らが徐々に失っていった「心の余裕」みたいなもの(うーん、うまい言葉じゃないなぁ。なんといえばいいか……)に引き付けられる演奏だと思います。

この音源は、1970年代後半から1980年代半ばにかけて”A Live Tribute To Wally”などの多数の海賊盤のソースとなってきましたが、1988年になって、イギリスでオフィシャルでリリースされました。この時はまだレコードがメインのフォーマットだったため、レコード2枚、全4面にうまく収まるように曲順を変更しています。CDでもその曲順で収録され、以来、2003年まで、このバラバラな曲順は直されませんでした。