In Rock


ジャケット画像

  1. Speed King
  2. Bloodsucker
  3. Child In Time
  4. Flight Of The Rat
  5. Into The Fire
  6. Living Wreck
  7. Hard Lovin’ Man

英米日リリース(時系列順)

Deep Purpleのみならず、ハード・ロック・アルバムの最高傑作であろうこのアルバムは、1969年の秋からツアーの合間にすこしづづレコーディングが進み、1970年2月には完了、1970年6月20日にまずイギリスでリリースされました。彼らのアルバムがまずイギリスでリリースされたのは、このアルバムが最初です。その後アメリカでもリリースされましたが全く話題にならなかったようです。日本でもアメリカと同時期にリリースされています。日本盤、アメリカ盤は”Speed King”の頭のフリーフォームの部分がまるまるカットされた編集になっています。

前作、”Concerto For Group And Orchestra”は、グループとしてはあまり乗り気なものではありませんでしたが、これによって本国イギリスでの知名度が抜群に上がり注目度が高まったことによって、結果的にはこのアルバムの成功に結び付いたともいえます。しかし、ここまで徹底した内容がともなわなければ、却って失敗していたかもしれません。まさにグループの、そしてリッチーのミュージシャン生命を賭けたリリースだった訳です。

どの曲も練り込まれ、リハーサルを尽くした出来となっていて、いわゆる捨て曲というものがありません。特に頻繁にライヴプレイされていた曲、1や3などの凄まじさは、スタジオ録音とは思えないほどです。ここからまさに紫伝説は始まっていったのです。このアルバムの曲でライヴプレイが確認されているのは、次の3曲です。

Speed King
1969年8月24日の原曲の初演から、数多くの音源が残されています
Child In Time
これも1969年8月24日の初演をはじめとした多くの音源があります
Into The Fire
アルバムリリース後に演奏され始めたと思われ、1971年頃まで演奏されています

そして、ライヴプレイは確認されていないものの、次の3曲が当時出演したBBCで演奏されています。

  • Bloodsucker
  • Living Wreck
  • Hard Lovin’ Man

このアルバムと、同時にリリースされたシングル、”Black Night”の大ヒットで、Deep Purpleはイギリス、ヨーロッパでの成功をようやく手にします。アメリカではタイミングが悪く、全くヒットしなかったのは第1期の頃と対照的です。このためDeep Purpleのツアーはもっぱらイギリス、ヨーロッパを中心にするようになり、アメリカ攻略を意識しだすのはまだ先のことになります。