The Battle Rages On…


ジャケット画像

  1. The Battle Rages On
  2. Lick It Up
  3. Anya
  4. Talk About Love
  5. Time To Kill
  6. Ramshackle Man
  7. A Twist In The Tale
  8. Nasty Piece Of Work
  9. Solltalre
  10. One Man’s Meat

英米日リリース(時系列順)

リッチーが参加した、Deep Purple最後のスタジオ作品です。1991年9月いっぱいで”Slaves And Masters”アルバムのプロモーション・ツアーを終了し、年内いっぱいのオフ期間(おそらくこの間にフランスのミュージシャン、 Laurent Voulzyのアルバムへの、リッチーのセッション参加があったものと思われます)の後、1992年に入ってすぐ、フロリダで曲作りが始まります。再結成後、アルバム制作や曲作りはずっとヴァーモント州ストウで行なわれていましたが、この時初めて別の場所で行なわれたことになります。理由はよくわかりませんが、そこはいろいろ想像しましょう。ファンならではの楽しみ(笑)。

フロリダで作業すれば、のんびり和気あいあいとなるんじゃないかと思うのですが、そうならないところがさすがはDeep Purple。なにをどうやっても、ジョーと他のメンバーとの間の溝は埋まらなかったようです。外部のライターとの共作というアイデアもさほどうまくいかず、ジョー自身もやる気をなくしつつあり、リッチーのモチベーションもおそらくそれほど高くはなかったのだと思います。そんな中、結成25周年というレコード会社のアイデアに後押しされる形でジョーを解雇し、ギランを呼び戻す流れになっていきます。ここにいたってはもはやDeep Purpleはバンドではなく、ギランがインタビューで表現していたとおり、Deep Purple Projectとなっていたのでしょう。リッチーもバンドには興味を失っていたのではないでしょうか。

1992年の夏にジョーが解雇されますが、すぐにギランを呼び戻したわけではなく、リッチーの最後の抵抗として、他のヴォーカリストを見つける試みがされます。しかし、うまくいかず、自身のソロ契約をすることを条件に、リッチーはギランを入れることに同意します。作業が再開したのが92年の末、アルバムの完成までにもすったもんだしたようですが、93年には完成、秋にリリースされました。

  • Jon Lord (Org.)
  • Ian Paice (Dr.)
  • Ritchie Blackmore (G)
  • Roger Glover (B)
  • Ian Gillan (Vo.)

プロデューサーに外部の人間を招き、サウンドにエッジが加わっていますが、肝心の曲に魅力が足りないように思います。以前のリフの使い回しが話題になり、酷評されたものですが、その使い回した曲である”The Battle Rages On”や”Anya”の出来は、このアルバムのなかではむしろ良い方になっているところに悲劇があります。メンバー間の意見調整などは完全になく、それぞれの段階でそれぞれの思惑だけが詰め込まれた無惨な姿をさらしています。リッチーがもともと持っていたアイデアはやはり再結成Deep Purpleを通じてやろうとしていた、リッチーなりのシンフォニック・ミュージックだったと思うのですが、他のメンバーもそれぞれがやろうとしていた事だけをやった結果、全体としては「最高の駄作」となってしまいました。このアルバムからプレイされた曲は、以下のとおりですが、やはりアルバム・プロモーションの時期に限られてしまうので、リスト表示だけにします。

  • The Battle Rages On
  • Anya
  • Talk About Love
  • A Twist In The Tale

なお、”The Battle Rages On”と”Anya”はスティーブ・モーズを迎えたラインナップになった後も、新作がリリースされるまではレパートリーに残っていました。