Rainbow


Rainbow

1974年8月の"Stormbringer"アルバムのレコーディングにおいて、リッチーは Deep Purpleに対する不満が次第に大きくなり、ソロ・シングルのレコーディングを計画します。同年10月、かねてから目を付けていたロニー・ジェイムス・ディオにシングルのレコーディングを持ちかけ、"Black Sheep Of The Family c/w 16th Century Greensleeves"をレコーディングし、その感触のよさにソロ・アルバム制作を決断したリッチーは、シングルをレコーディングしたメンバー、すなわちElfの4人とともに1975年2月に"Ritchie Blackmore’s Rainbow"をレコーディング、 Deep Purple脱退を決断します。結局、ソロ・アルバムはそのままリッチーのニュー・グループ、 Rainbowのデビュー・アルバムとなります。

Elfは、1970年秋に結成され、1972年にロジャー・グローヴァー、イアン・ペイスのプロデュースでファースト・アルバム"Elf"をリリース、 Deep Purpleのサポートに同行することが多くなります。ちょっと Facesを思わせるような、ロックンロール・ピアノを中心とした楽しいサウンドを聴かせてくれます。

ソロ・アルバムに参加したメンバーで、 Rainbowはその波乱の歴史のスタートを切る訳ですが、1984年、Deep Purpleの再結成を受けて消滅します。7枚のスタジオ・アルバムと1枚のライヴ・アルバム、消滅後にリッチー自ら編んだコンピレーション・アルバムが残されました。

Ritchie Blackmore’s Rainbow
Rising
On Stage
Long Live Rock’n’roll
Down To Earth
Difficult To Cure
Straight Between The Eyes
Bent Out Of Shape
Finyl Vinyl


Ritchie Blackmore’s Rainbow

Deep Purple脱退後、自分の音楽を自分のやりたいようにやるためのバンドを結成するために、リッチーはメンバー探しを始めます。地元、ロングアイランドのミュージシャンを中心に選考が行なわれ、徐々にメンバーが揃っていきました。バンド名も二転三転して伝わってきましたが、アルバムのリリースは、Ritchie Blackmore’s Rainbow名義ということになりました。Deep Purple脱退後、初のリッチーのプロジェクトになります。"Rainbow"という名前は使われているものの、以前のバンドを再結成したということではなく、レコード会社の要請でこうなったようです。このサイトでは「再編成」という言葉を使うことで、再結成とは微妙に区別しているつもりなのですが、まぁ、どうでもいいか(笑)

現時点ではこのプロジェクトでのアルバムは1枚だけです。

Stranger In Us All