Slaves And Masters


ジャケット画像

  1. King Of Dreams
  2. The Cut Runs Deep
  3. Fire In The Basement
  4. Truth Hurts
  5. Breakfast In Bed
  6. Love Conquers All
  7. Fortune Teller
  8. Too Much Is Not Enough
  9. Wicked Ways

英米日リリース(時系列順)

ライヴ・アルバムを挟んで、実に四年ぶりにリリースされたスタジオ新作です。実際の制作開始は1988年のツアーが終わった直後、11月からヴァーモント州ストウで曲作りが始まっていますが、この時、ギランを欠いた形でリハーサルが進んでいったことは有名です。ギランとリッチーの対立はメンバー(特にジョンとイアン・ペイス)がリッチーの側に立ったことで、ギランの解雇という結論に落ち着きました。1989年3月の事です。そして、新しいヴォーカリストの決定にかなりの時間を要してしまいます。何人もの候補がのぼりますが、二転三転し、最後の手段としてジョー・リン・ターナーに決定したのはギランの脱退から半年以上経った1989年10月のことでした。ちなみにこの年、リッチーとキャンディス・ナイトは出会っています。

ヴォーカリストがジョーに決定してからもレコーディングは進まなかったようです。ストウで作られたレパートリーの見直しや新曲の書き下ろしなどで、ロジャーを始めとしたメンバーとジョーの間でしばしば意見の衝突があり、たびたび「ジョー、早くも脱退」などの噂が駆け巡りました。アルバムが完成したのが1990年のおそらく5月から6月ころ、そして、1990年の10月にリリースされました。

  • Jon Lord (Org.)
  • Ian Paice (Dr.)
  • Ritchie Blackmore (G)
  • Roger Glover (B)
  • Joe Lynn Turner (Vo.)

グループとして求めていた方向性がどのようなものだったのかは不明(それがわかるほど、出来は良くないと思っているとゆー意味)ですが、リッチー自身のアプローチは前作同様の姿勢と思われ、”King Of Dreams”や”Wicked Ways”などでその成果はある程度成功していると感じられます(これがわかるだけ、前作よりもましだと思っているとゆー意味です)。”The Cut Runs Deep”や”Fire In The Basement”などの昔ながらのナンバーも含んでいますが、大半はハード・ロックというにはやや落ち着き過ぎてしまっているきらいがあります。よく言われることですが、ドラムを含むリズム・セクションがかなり整理されてしまっていて、ロックの面白味を感じられなくなっているのが大きいです。実際、来日公演でこのアルバムの収録曲を聴いた時の方が音楽的な感動は大きかったのを憶えています(けっきょくロジャーとイアン・ペイスのやる気のなさがこのアルバムをブチこわしていると思っているとゆー意味です)。

このアルバムからライヴでプレイされているのは次の曲ですが、やはりこのアルバムのプロモーション・ツアーでしか演奏されていない曲ばかりなので、リスト表示するにとどめます。リッチー自身はこのアルバムを大変気に入っているにも関わらず、この後、再編成RainbowでもBlackmore’s Nightでも、このアルバムの曲を全く取り上げたことがありません。不思議。

  • King Of Dreams
  • The Cut Runs Deep
  • Fire In The Basement
  • Truth Hurts
  • Love Conquers All
  • Wicked Ways

アルバムリリース後、1991年始めから行なわれたプロモーション・ツアーでも、ヨーロッパや日本、イスラエルなどはともかく、いつもなら長期間に渡るアメリカ・ツアーがかなり小規模になっており、このあたりからも、当時のアルバムの評価が見えてくるような気がします。ちなみに、このツアー中、リッチーはツアー先からたびたびキャンディス・ナイトに手紙を送っていたようです(よけいなお世話か)。