Deep Purple


はじめに

ここではリッチー在籍時のDeep Purpleが活動期間中に発表したアルバムを掲載していきます。以下にそれぞれの時期の概要を一応述べ、発表作品をリストしています。プルダウンメニューより各作品の概要についてのページを閲覧できます。概要ページから、英米日それぞれのオリジナル盤、再発CD等、リリースされたアイテムについての記事へのリンクが貼られています。

Deep Purple Mk 1

1967年にリッチーとジョンが出会ってからDeep Purpleは徐々にその形を整え、1968年に人々の前に姿を表します。この時のメンバーはつぎの通りで、このラインナップは「第1期Deep Purple」と呼ばれています。

  • Jon Lord (Org.)
  • Ian Paice (Dr.)
  • Ritchie Blackmore (G)
  • Nick Simper (B)
  • Rod Evans (Vo.)

この時期の Deep Purpleは、デビューしたのがアメリカのレコード会社、テトラグラマトンだったこともあり、本国イギリスではほとんど認められていませんでした。あのレディング・フェスにも出演していますが、全然受けなかったということですし、アルバムもアメリカでリリースされてからかなり間があかないと発売されず、かえって日本の方が先にアルバムが出たりしています。彼らが本国で認められるようになるのは、第2期になって"Black Night"がヒットするのを待たなければなりません。

第1期Deep Purpleはその活動中に、以下にあげる3枚のオリジナル・スタジオ・アルバムを残しています。

  • Shades Of Deep Purple
  • The Book of Taliesyn
  • Same Title

Deep Purple Mk 2

1969年6月、彼らはメンバーチェンジを行います。メンバー全員での話し合いで決まったというものではなく、ロッドとニックには秘密でメンバーを捜し、第1期のメンバーでツアーリハーサルを行った後、ロッドとニックが帰ってからギランとロジャーが合流してリハーサルを行うなど、かなりゴタゴタした状態であったことが伺えます。事実、Deep Purpleはギランとロジャーを引き抜かれたEpisode Six側から訴えられたりしたようです。ともかく出来上がったラインナップは次の通りで、「第2期 Deep Purple」と呼ばれています。

  • Jon Lord (Org.)
  • Ian Paice (Dr.)
  • Ritchie Blackmore (G)
  • Roger Glover (B)
  • Ian Gillan (Vo.)

Led Zeppelinの登場に刺激された彼らは、ハード・ロック・バンドへの転身をはかり、リッチーとロジャーが中心となって曲を作りはじめます。しかし、レパートリーがそう急に増える訳でもなく、初期のツアーでは曲数も少ないものでした。その分、即興が充実し、曲が磨き上げられていった、というよい面もあります。

ツアーに明け暮れる合間に新曲のリハーサル、レコーディングと、"In Rock"アルバムとなるニューアルバムが徐々に姿を表しつつあり、グループもハード・ロックの方向に向いていた矢先にマネージメントが持ってきた仕事が、「ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラとの共演」でした。ジョン・ロードは個人的に第1期 Deep Purpleで見せていたこの方向性を追及していましたが、 Deep Purpleというグループでこの共演をするとなると、ここまでハード・ロックで進んできたグループが、また大きくイメージを乱されることになり、他のメンバー、特にリッチーの苛立ちは相当なものだったようです。

第2期Deep Purpleはその活動中に、以下にあげる4枚のオリジナル・スタジオ・アルバムと、2枚のライヴ・アルバムを残しています。

  • Concerto For Group And Orchestra
  • In Rock
  • Fireball
  • Machine Head
  • Live In Japan
  • Made In Japan
  • Who Do We Think We Are!

Deep Purple Mk 3

"In Rock"アルバムの成功でヨーロッパでの地位を確実なものにした Deep Purpleは、アメリカ攻略を目指しますが、度重なるツアーがメンバーの健康ばかりでなく、次第に人間関係にまで悪影響を及ぼし、1973年6月の日本公演を最後に、第2期 Deep Purpleは崩壊してしまいます。
この時点ですでにグレン・ヒューズが新メンバーとして内定してはいたものの、よりブルージーな「ディープ・ヴォイス」を求めるリッチーの要求を充たすヴォーカリストはなかなか見つかりませんでした。一時はポール・ロジャースにも誘いをかけたりしていますが、結局「メロディ・メイカー」に、ヴォーカリスト募集の広告を出し、オーディションすることになります。このオーディションを見事にモノにしたのが、ディヴィッド・カヴァデールでした。ここに、第3期といわれるラインナップが揃うことになります。

  • Jon Lord (Org.)
  • Ian Paice (Dr.)
  • Ritchie Blackmore (G)
  • Glenn Hughes (B)
  • David Coverdale (Vo.)

1973年9月からこのメンバーでリハーサルを開始、同月に記者会見をしてこのラインナップが初めて世間に顔を出します。しかし、リフレッシュしたはずの第3期 Deep Purpleが存続したのは、僅か1年半程度の期間でしかありませんでした。この短い活動期間の間に残されたのは、以下の2枚のスタジオ・アルバムです。

  • Burn
  • Stormbringer

Deep Purple Reunion

1976年に Deep Purpleが解散してから、何度となく再結成の噂が流れました。「カリフォルニア・ジャム2」の計画が発表された時にも再結成した Deep Purpleが出演するなどと言われていましたし、Gillanが解散した時はいよいよか?とも思わせたりしていましたが、具体的にならないまま年月は経っていきました。この間には、第一期 Deep Purpleのヴォーカリストだったロッド・エヴァンスが、1980年に勝手に Deep Purpleの名前を使ってアメリカ西海岸でコンサートを開くなどの出来事もありました。この時のロッドは首謀者ではなく、周囲に巻き込まれた形だったようですが、結局、ロッドは印税を受け取る権利を失ってしまう事になります。ついに再結成が現実となったのは偽 Deep Purple騒動から4年が経った1984年、春の事でした。

  • Jon Lord (Org.)
  • Ian Paice (Dr.)
  • Ritchie Blackmore (G)
  • Roger Glover (B)
  • Ian Gillan (Vo.)

再結成にあたっての事情などは当時のメンバーのインタビューや音楽雑誌の文章、近年発行されたリッチーのムックなどである程度知る事が出来ます。大勢の人間が絡んだことがらであるだけに、当時の事実を誰の目から見て、どういった観点で語られているか、後の人がどういうポリシーでそれらの発言、事実などを選んでまとめたか、等によって、この再結成の事情は受け取る人それぞれで全く印象が違ってくると思われます。このサイトでは、当時の事実そのものへの深入りはしないことにします。逃げるが勝ち(爆)

リッチーは1993年に脱退するまでに、4枚のスタジオ・アルバムと、2枚のライヴ・アルバムを残しています。

  • Perfect Strangers
  • The House Of Blue Light
  • Nobody’s Perfect
  • Slaves And Masters
  • The Battle Rages On…
  • Come Hell Or High Water