Winter Carols


ジャケット画像

  1. Hark The Herald Angels Sing – Come All Ye Faithful
  2. I Saw Three Kings
  3. Winter (Basse Dance)
  4. Ding Dong Merrily On High
  5. Ma-O-Tzur
  6. Good King Wenceslas
  7. Lord Of The Dance – Simple Gifts
  8. We Three Kings
  9. Wish You Were Here
  10. Emmanuel
  11. Christmas Eve
  12. We Wish You A Merry Christmas

英米日リリース(時系列順)

2006年のクリスマス・シーズンにリリースされた、Blackmore’s Night初のクリスマス・アルバム。これまでにもクリスマス・ソングを発表していますし、ドイツではそれらがクリスマス・シングルとしてリリースされたり、ファンとのクリスマス・ギグ等も行うなど、クリスマスに対する活動を大切にして来ていたBlackmore’s Nightですが、アルバムとしてリリースされたのはこれが初めてとなります。

当時”BURRN!”に掲載されたインタビューから推察すると、収録曲の大半は、彼らの活動が順調だった2003年から2004年にかけて録音が行われていると思われます。リッチーの作曲となる新曲は3曲目の"Winter (Basse Dance)"が唯一となり、アルバムの後半はファースト・アルバムの再録となる"Wish You Were Here"や2004年にリリースされたクリスマス・ソングの再録で占められています。

リリース当時のBlackmore’s Nightの状況は決して順調なものではなく、主要メンバーだったサー・ロバートや、来日時のヴァイオリン・プレーヤーであったチューダー・ローズの脱退もあり、ツアーはともかくとして新作をじっくりと練る時間に恵まれていなかったことも伺えます。また、当アルバムがSPVからのリリースではなく、リッチーのプライベート・レーベルであるMinstrel Musicからのリリースであること、リリース当時にリッチーがそれほど当アルバムのプロモーションに動いた形跡を感じないこと(”BURRN!”のインタビューをキャンディスにまかせっきりにしてたりとか)等も、ファンとしてみれば不安材料のひとつではありましたが、それぞれの曲は素晴らしい演奏で収録されており、クリスマスに限らず、いろいろなTPOで聴けるアルバムになっていると思います。

聴いた後の感触はなんとなく[Shadow Of The Moon]を聴き終えた時と共通するものがあるのですが、"Wish You Were Here"が収録されているからというわけではなく、ファースト・アルバム以来、久しぶりにリッチーとキャンディス、パット・レーガンのトライアングルで全てが制作されているというのが大きいでしょう。コーラスとしてSisters Of The Moonの二人の参加もありますが、アルバムのベーシックな部分は三人だけの制作となっていて、これは[Shadow Of The Moon]の時と同じです。それまでプライベートで演奏し続けた曲をそのまま収録しているというところも共通しており、意外に両者のアルバムは通じるところが多いように思います。

ということで、音源として残されていない曲でも、当アルバムで聴ける曲は実際に人前で演奏されていると思われるので、ライヴ・プレイされている曲をリストすることはやめておきます。