1971-07-30 : [Live In Long Beach]


ジャケット画像

30 July 1971 : Long Beach Arena, Long Beach, CA, USA
  1. Speed King
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Child In Time
  4. Mandrake Root

英米日リリース(時系列順)

現在進行中のライヴ・アーカイヴ・シリーズとなる"The Official Deep Purple (Overseas) Live Series"(覚えんでいいwww)。従来様々な形でリリースされていたDeep Purpleのライヴ音源を系統立ててリリースする試みですが、[Live In Graz 1975]に続き、このシリーズで初披露となったライヴ音源。1971年7月30日、カリフォルニアはロング・ビーチ・アリーナでのコンサートの模様を収録したものとなります。

このライヴが収録された1971年夏のアメリカ・ツアーは、Deep Purpleにとって初めての「あらかじめ日程を組んで行われたツアー」となりました。それまでの彼らのツアーはオファーがあったコンサートを次々とこなしていく形だったようで、[In Rock]発表後のドイツをはじめとしたヨーロッパでの勢いをアメリカへ持っていけなかったのは、無計画なコンサート日程に一因があったとも言えました。このツアーはFacesとのダブル・ビルとして組まれ、一日置きに出番を交代して回っていたようです。初日は7月2日、トロントと言われており、ライヴ音源も知られています。このロング・ビーチでのコンサートはFacesと回った全米ツアーの最終日とされています。

ロスのKUSCというラジオ局の"Monday Night Airbag Live"という番組で放送されたとされるこの音源は1970年代からその存在自体は知られており、有名なアナログ盤[Purple For A Day]やそのコピー盤となる[Hard Road]は名盤とされ、CD時代になってからも[Long Beach Arena ’71]を皮切りにアナログ盤のコピーなど数種類のディスクが存在していました。

今回リリースされた公式盤は、従来出回っていたライヴCDなどで使用されていたソースと比較すると音の安定度が段違いです。ところどころ妙な音場になるのでハイブリッドソースな可能性もありますが、聴きやすさでは今回がトップです。個人的には、最強と信じている1971年のDeep Purpleのライヴ・パフォーマンスが、ついに公式盤としてまとまって聴くことが出来る喜びに包まれてしまうリリース。未聴の方は是非御一聴を。