Stranger In Us All


ジャケット画像

  1. Wolf To The Moon
  2. Cold Hearted Woman
  3. Hunting Humans (Insatiable)
  4. Stand And Fight
  5. Ariel
  6. Too Late For Tears
  7. Black Masquerade
  8. Silence
  9. Hall Of The Mountain King
  10. Still I’M Sad
  11. Emortional Crime

英米日リリース(時系列順)

1994年の夏までには、このアルバムで顔を見せているラインナップは揃っていたようです。1994年夏に約七週間、ソング・ライティング・セッションが行なわれ、アルバムのレコーディングは1995年の1月から4月頃にかけて行なわれています。プロデューサーはパット・レーガン。このレコーディングのラインナップは、次のとおりです。

  • Ritchie Blackmore (G)
  • Doogie White (Vo.)
  • John O.Reilly (Dr.)
  • Greg Smith (B)
  • Paul Morris(Key)

キャンディス・ナイトが何曲かで作詞を手掛け、また、"Ariel"でのコーラスにも参加しています。リリースは日本先行という形で1995年9月に行なわれ、同時に来日公演も発表されました。このときの「復活のアピール」ぶりは、雑誌、ラジオ、テレビを含めて、劇的に演出されており、日本でのリッチーの人気を改めて伺わせるものになりました。

アルバムの内容は、リッチーがDeep Purpleでやろうとして出来なかったハード・ロックを存分に追求したものになっており、それまでのブラックモアズ・ミュージックの集大成という感のある、良作になっています。ブルージーなナンバーからクラシカルなもの、ロックンロールからルネッサンス音楽まで、中に含まれている音楽的アイデアの豊かなことは、再結成Deep Purpleでは決して望めなかったもので、表現方法としてのハード・ロックに、リッチーはこの時点である程度の答えを出したと言えます。この次、リッチーが自分からハード・ロックをやろうとするのは、ルネッサンスでもブルーズでもトラッドでもない、新たな音楽的アイデアをハード・ロックで表現したいと思った時ではないかと思います。このアルバムからライヴでプレイされた曲は、以下のとおりです。

Wolf To The Moon
再編成Rainbowの全ツアー期間を通して演奏されています
Hunting Humans (Insatiable)
1995年ツアーではほとんど演奏されていましたが、その後あまり演奏されなくなっていきました
Stand And Fight
現時点では、1995年ツアーの初日、ヘルシンキのステージのみ、演奏を確認しています
Ariel
再編成Rainbowの全ツアー期間を通して演奏されています。エンディングで、キャンディス・ナイトのコーラスをバックにギター・ソロをプレイしますが、1997年のツアーで、初めて彼女の名前が正式にツアー・メンバーとしてクレジットされるようになりました
Too Late For Tears
1995年、1996年のツアーでは頻繁に演奏され、オープニングを飾ることもたびたびあった曲です
Black Masquerade
再編成Rainbowの全ツアー期間を通して演奏されています
Hall Of The Mountain King
1995年ツアーではほとんど演奏されていましたが、その後あまり演奏されなくなっていきました
Still I’m Sad
再編成Rainbowの全ツアー期間を通して演奏されています