1972


掲載アイテム(時系列順)

この年はオフィシャルで出ているライヴで十分雰囲気はつかめると思います。という訳でオフィシャルでリリースされているライヴに軽く触れたいと思います。

  • 3月9日 – ロンドン “BBC In Concert”
  • 8月15日 – 大阪 “Made In Japan”, “Live In Japan”
  • 8月16日 – 大阪 “Made In Japan”, “Live In Japan”
  • 8月17日 – 東京 “Made In Japan”, “Live In Japan”

昔からあるオリジナル・アルバムを”Made In Japan”、数年前に出た3日間収録のものを”Live In Japan”として区別したいと思います。東京でのアンコール”Black Night”は、この2枚には収録されていません。”24 Carat Purple”, “Power House”, “Purple Chronicle”などのコンピレーションを探してください。

3月9日のライヴは、BBC放送を前提としたステージでありまして、ニュー・アルバム”Machine Head”のプロモーション的意味合いが強く、普段のステージではやらない曲が聴けて重宝する反面、インタープレイによる破壊力には少々欠けているように思います。

70年の時に触れたスタジオ・ライヴとの2枚組ですが、CDは曲間のジョン・ピールのMCまでノーカットで収録されているもののほうがいいでしょう。”Smoke On The Water”が収録されていれば、完全盤ですので、見分けは簡単です。現在新品を探せばどれも完全盤のはずですが、中古の日本盤などを探すときは注意してください。

8月の3日間は、伝説となっている初来日公演です。

この3日間は、まさに奇跡の3日間と申せましょう。”Machine Head”をリリースしたとは言え、その後メンバーが次々と体調を崩し、思う様にツアーが行なえなかったり、すでにメンバー間のコミュニケーションは最悪だったりで、72年の前半のライヴは、正直言っていま一つの演奏が多いのですが、この3日間は、インタープレイこそすでにお約束の塊ですが、異国にやってきた緊張からか、かなりテンションは71年頃の雰囲気になっています。レコーディングしているという意識も、プレイに気迫を与えている一因でしょう。ろうそくが燃え尽きる前の最後の輝きというか、熟してまさに落ちる寸前の果実のうまみというか、この3日間が残されているのは幸運以外の何者でもないと思います。

ライヴ音源で聴くことの出来る72年の演奏は、意外に少なく、ホントに72年かどうかわからないものを含めても、数種類しかありません。やはりオフィシャルが強力なので、あまり出てこないのかもしれません。”BBC In Concert”や、”Made In Japan”の丸コピ盤は取り上げていません。