All Our Yesterdays


ジャケット画像

  1. All Our Yesterdays
  2. Allan Yn N Fan
  3. Darker Shade Of Black
  4. Long Long Time
  5. Moonlight Shadow
  6. I Got You Babe
  7. The Other Side
  8. Queen’s Lament
  9. Where Are We Going From Here
  10. Will O’ The Wisp
  11. Earth Wind And Sky
  12. Coming Home

欧米日リリース(時系列順)

2015年9月にリリースされた、Blackmore’s Nightにとって通算9作目のスタジオ・アルバム。前作に引き続き、Frontiersレーベルからの発売となりました。

アルバムに収録された曲については限定盤付属のDVDに収録されているリッチーとキャンディスのインタビューで詳しく触れられているのでそちらをご覧いただくのが手っ取り早いと思います。一聴した印象を述べるなら、「彼らのプライベートを守りつつ、Blackmore’s Nightの創作ペースを保とうとしたことが伺える作品構成」というところ。これが成功か失敗かは受け手の姿勢にかなり左右されるのではないかなと思います。

リッチーとキャンディスの共作で完全に新曲と呼べるものは12曲中4曲のみ。カヴァーが4曲(うちインスト1曲)、リッチー作のインストが2曲。過去の作品のリメイクとキャンディスの蔵出しが1曲づつ。この作品の数ヶ月後にリリースされたキャンディスの2ndソロまでをこの時期のBlackmore’s Nightの創造的活動としてまとめて考えると、Blackmore’s Nightで増えつつあった「家族」をテーマにした作品の軸足がキャンディスのソロとして表現される方向へ移りつつある中で、Blackmore’s Nightのアルバムとしての構成に腐心した痕を感じました。いわゆる「ハードロック宣言」として登場した再編成Rainbowも、この流れの中でリッチーが選択した回答の一つと捉えることもできるのではないかと思います。

カヴァー曲の中で目を引くのはやはり"Moonlight Shadow"でしょうか。Blackmore’s Night結成時のインタビューでその音楽を説明しようとしたリッチーが「"Moonlight Shadow"のようなマイク・オールドフィールド・タイプの音楽」と言っていたのをご記憶の方もおられると思います。その発言やライヴでのカヴァー曲の取り上げられ方を見ていて、いつかライヴでもやるんじゃないかと思っていたものの、何故か大々的にレパートリーに加えられた形跡はこれまでありませんでした。全く取り上げなかったということはないにしても、音源等で確認している例はありません。その曲をここに来て取り上げた真意というのも気になるところだったりします。

キャンディスが作詞した新曲4曲は従来のBlackmore’s Nightらしさを保った佳作と言えます。どれもアップテンポな舞踏曲であり、リメイクされた"Where Are We Going From Here"もその方向性で仕上げられているのが、個人的には気になるポイントではあります。リッチーのギターもアルバムを通してエモーショナルな部分が際立っており、"Darker Shade Of Black"は傑作と言っていい仕上がり。この曲を聴くためにだけこのアルバムを手にしてもいいと思っています。

本作リリース直後に行われた欧州ツアーで演奏を確認している曲は以下のとおりです。再編成Rainbowが始動しているとはいえ、今年もBlackmore’s Nightのツアーは予定されているので、そこでも新たに曲が披露されるでしょう。

  1. All Our Yesterdays
  2. Allan Yn Y Fan
  3. I Got You Babe