1975-04-03,05,07 : [Made In Europe]


ジャケット画像

3 April 1975 : Liebenauhalle, Graz, Austria
5 April 1975 : Saarlandhalle, Saarbrucken, Germany
7 April 1975 : Olympia, Paris, France
  1. Burn
  2. Mistreated
  3. Lady Double Dealer
  4. You Fool No One
  5. Stormbringer

英米日リリース(時系列順)

1975年3月16日に、Deep Purpleはユーゴスラビアからヨーロッパツアーをスタートさせます。このツアーを最後にリッチーはDeep Purpleを脱退することになっていました。そのため、マネージメントがライヴ録音をする計画を立て、そしてレコーディングされたのが、このアルバムの元になった音源です。ツアー最後の三日間、オーストリアのグラーツ、ドイツのザールブリュッケン、フランスのパリ、それぞれのコンサートが録音されました。

このアルバムはDeep Purple解散直後の1976年10月にリリースされました。同じ曲でも別の日をつなぎ合わせたり、巧妙な編集がなされています。当初は2枚組になる予定だったようですが、セットリストの曲を何曲か落として、結局は1枚の収録に落ち着きました。

第3期の来日も1975年夏に予定されていたのですが、リッチーの脱退によって中止になっています。日本のファンにとって第3期のライヴを体験できるアイテムは長い間このアルバムだけとなっていました。上の"Live In London"やカリジャムのビデオが出てきても、"Stormbringer"リリース当時のDeep Purpleを知ることができるのは20年近くの間このアルバムだけがたよりでした。なぜかこのツアーのアナログ・ブートも日本ではリリースされていません。コンサートの全貌をオフィシャルで知ることができるようになるには、"Mk III The Final Concert"の登場を待たなければなりませんでした。