1972-03-01 : [Live In Denmark ’72]


ジャケット画像

1 March 1972 : KB Hallen, Copenhagen, Denmark
  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Chile In Time
  4. The Mule
  5. Lazy
  6. Space Truckin’
  7. Fireball
  8. Lucille
  9. Black Night

英米日リリース(時系列順)

ビデオ”Machine Head 1972″で以前から知られている、1972年3月1日、デンマークはコペンハーゲンでのステージを収録した音源です。これも、ビデオから音声だけを落としたライヴCDが数多く出回っています。視覚的要素があるビデオやLD、DVD等で体験すべきアーカイヴであるとは思いますが、オフィシャルでリリースされたものは残されていたビデオマスターからリマスタリングされており、サウンド面での充実が期待できます。……期待だけだったりして(^^;

1972年の2月に行われたドイツ・ツアーまでは”No No No”をセットリストに組み入れた、いわば”Fireball”ツアーを行っていたDeep Purpleですが、その後のイギリス・ツアーより、”No No No”をリストから落として、ニュー・アルバム”Machine Head”のプロモートを目的としたツアーを始めます。この短い北欧ツアーもその一環として行われました。会場となったKB hallenは1876年にスポーツセンターとして建てられたのが始まりだそうで、第3期Deep Purpleのファースト・コンサートもここで行われています。

このコンサートを撮影したのはデンマークの国営放送であるデンマーク・ラジオです。マザー・テープには最初にカラーバーが出てくるらしいですが、収録自体はモノクロで行われたようです。一説にはオリジナルはカラー収録で、ビデオ化の際にカラーノイズが酷かったのでモノクロでのリリースとなった、という話もありましたが、オリジナルを観ることが出来ない私達には検証不可能な話ではあります。このビデオの全長版は収録当時放映や上映はされていなかったらしく、収録曲の一部のみが公開され、コレクターの間でカセットテープが出回っていたようです。これを最初に商品化したのは日本のメーカーで、イギリスでは1990年になってようやくリリースされました。

今回のリリースでは、残されていたオリジナル・ビデオ・マスターの音声トラックからのリマスターで、現在出回っている映像で聴けるサウンドよりも音質は向上しています。中低域がしっかりして、音に厚みを感じます。映像のサウンド・トラックなので、映像で体験するべきではありますが、「映像は何回も観ないけれど、音でなら繰り返し聴ける」という人もいるので、こうした音盤は出ないより出てた方が良いと思います。