The Book Of Taliesyn


ジャケット画像

  1. Listen, Learn, Read On
  2. Hard Road
  3. Kentucky Woman
  4. (a) Exposition / (b) We Can Work It Out
  5. The Shield
  6. Anthem
  7. River Deep, Mountain High

英米日リリース(時系列順)

1968年の8月にレコーディングされ、10月にアメリカでリリースされています。イギリスでは1969年7月、日本では「ディープ・パープルの華麗なる世界」と題されて、1969年の6月にリリースとなっています。ワーナー再発時には「詩人タリエシンの世界」と改題されています。

デビュー曲”Hush”のヒットでアメリカに照準をあわせた彼らが、よりアメリカ的なサウンドを目指したアルバムとされています。今聴くとあまりその様な印象は受けませんが、ファーストアルバムよりもエッジが効いたサウンドになっていて、第2期のサウンドから入った人にとっては取っ付きやすい音になっています。

全体的なアルバムの構成はファーストアルバムと同様で、カヴァー曲が多くを占めますが、アレンジに彼らの個性がよく出ています。リッチーのギターも前作以上にフィーチュアされ、わざと音を外して弾くフレーズが、均整のとれたサウンドのなかで際立っています。そして、ニック・シンパーのベースがなかなか活躍しています。ロッドのヴォーカルも素晴しく、1曲目の”Listen, Learn, Read On”でのスペイシーな感覚は、後の Captain Beyond で開花することになります。

前作でもクラシカルなアプローチが見えましたが、このアルバムではもっとはっきりとした形となって出てきます。ツァラトゥストラを導入した”River Deep, Mountain High”、”We Can Work It Out”の導入としてプレイされる”Exposition”など、次のアルバムへの布石が伺えます。

このアルバムでライヴ演奏が確認されているのは、

Hard Road
“Wring That Neck”のタイトルでも知られる、ジョンとリッチーのソロを主役にしたインストルメンタルで、第1期 Deep Purple最初のアメリカ・ツアーから、第2期の1971年半ばまで演奏されていました
Kentucky Woman
“Hush”に続くヒットをねらったシングル曲で、第1期のコンサートでは頻繁に演奏されていたらしきフシがあります。第2期でも稀に演奏されたようで、2003年になってその音源がオフィシャル・リリースされました
River Deep, Mountain High
これも第1期のステージではハイライトとなるナンバーでした。第2期以降の音源は確認していません。

の3曲です。中でも”Hard Road”は、”Mandrake Root”とならぶ第1期のもう一つの代表曲で、ジョンとリッチーの即興の素晴しさを、これでもかとみせつけてくれる傑作です。