1972-08-15,16,17 : [Live In Japan]


ジャケット画像

15 August 1972 : Kouseinenkin Hall, Osaka, Japan
  1. Highway Star
  2. Child In Time
  3. The Mule
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Lazy
  6. Space Truckin’
  7. Black Night
16 August 1972 : Kouseinenkin Hall, Osaka, Japan
  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Child In Time
  4. The Mule
  5. Strange Kind Of Woman
  6. Lazy
  7. Space Truckin’
17 August 1972 : Budokan Hall, Tokyo, Japan
  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Child In Time
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Lazy
  6. Space Truckin’
  7. Speed King (15 August 1972)

英米日リリース(時系列順)

1972年8月に行われた日本公演は"Made In Japan"としてリリースされ、ライヴ・アルバムの名作の一つに数えられています。このCDは、その1972年8月の日本公演、全日程3日間を収録したものです。

このライヴ・レコーディングを発案したのは日本のレコード会社の担当氏だったということです。Deep Purpleはいくつかの条件をつけてこのオファーを受けました。それらは全て、「レコーディングからリリースまで、全て自分達でコントロールすること」から出てきた条件でした。そして、大阪と東京のコンサートが録音されるわけですが、レコード会社が用意した8トラックの機材はかなり状態がひどく、マーティン・バーチはこの機材は録音につかえそうもない、と考えたそうです。それでもとにかく3日間テープは回され、メンバーはそのテープを持って帰国しました。そしてロジャー・グローヴァーが試聴してみると、予想外に素晴らしいサウンドだったのだそうです。

この3枚組CDは、1993年の冬、奇しくもリッチーが2度目のDeep Purple脱退をし、ジョー・サトリアーニを迎えた形での日本公演が行われるという、ファンにとっては困惑していた時期に、ヨーロッパ盤が突如リリースされました。ショップで見かけた時は物凄いインパクトを受けたことを覚えています。オリジナル・テープは日本人のエンジニアがていねいに保存しておいたそうで、このアルバムの製作を鑑修したサイモン・ロビンソン氏はテープを試聴して大変な感動を受けたとライナーに記しています。

そして編集されたのがこのアルバムですが、20年近く"Made In Japan"のミキシングに慣れてきた耳には、最初かなり違和感があり、このアルバムのサウンドがなかなかとっつきにくい、と感じる方々もいるようです。なんといっても定位が入れ代わっているのが大きいでしょう。サイモン氏はオリジナル盤の定位を「欠点」と決めつけていますが、その根拠が今一つ明確でないような気がします。オリジナル盤のプロデュースに係わったロジャーは演奏する側の人間であり、ステージ上の彼の耳には、楽器の配置は当然このように聞こえるわけで、これはもう、「演る側からみるか聴く側からみるか」の違いだけのような気もするのですが。

そして、オリジナル盤に入っていた初日の"Smoke On The Water"がカットされています。そのかわりに初日のアンコール、"Black Night"を Disc 1に収録し、同じく初日のアンコール、"Speed King"を Disc 3に収録しています。実際の東京公演でもアンコールはおなじ2曲だったので、 Disc 3の"Speed King"を東京公演のものだと思い込んでいる方々も多いかもしれません。個人的にはもっと選曲に考える余地があったのではないかと思えるところもありますが、当時、こんな形でこのような音源がオフィシャルで出ることなど考えられなかったですから、出てくれただけで嬉しかったものでした。

この年のDeep Purpleは"Machine Head"をリリースしたとはいえ、メンバーが次々と体調不良になるなど、度重なるツアーから来る疲労が演奏にも響き、特に1972年前半のツアーでは1971年までのようなテンションを出しているライヴ音源を見つけるのはなかなか難しいのですが、この日本公演は初めての極東、初めてのライヴ・レコーディングなどの条件があるせいか、メンバーのテンションがなかなか素晴らしいです。お約束のフレーズもダラダラと流れることがなく、また、Deep Purpleのステージを初めて観ている観客の反応も素直なものがあり、演る方、聴く方、双方のテンションが録音から感じられて、やっぱり奇跡の録音だったなぁ、と感じる次第です。

追記:当ページでは2014年にリリースされた"Made In Japan 40th Anniversary"プロジェクト中、「3日間それぞれのコンサートを全て収録したCD-BOX、9枚組LP」も、当"Live In Japan完全版"と同じ音源を扱っているという趣旨からアーカイヴ記事へのリンクを収録しています。