Bent Out Of Shape


ジャケット画像

  1. Stranded
  2. Can’t Let You Go
  3. Fool For The Night
  4. Fire Dance
  5. Anybody There
  6. Desperate Heart
  7. Street Of Dreams
  8. Drinking With The Devil
  9. Snowman
  10. Make Your Move

英米日リリース(時系列順)

1983年に発表された、スタジオ第7作目です。翌年 Deep Purpleの再結成が発表され、結局このアルバムが Rainbowのスタジオ最終作となりました。

1982年のツアー終了後、それまで噂でしかなかった Deep Purpleの再結成が、メンバー間で具体的に話し合われるようになりました。予定どおりにいけば1983年の夏には Deep Purpleの姿が見られるはずでしたが、結局この時は実現しませんでした。そして、リッチーは再び Rainbowの新作に取りかかります。曲作りが始まったのが1983年の3月頃ではないかと思われますが、このときすでにボブ・ロンディネリは脱退しています。この脱退については現在まで直接的な理由は明らかになっていません。リッチーが直接この件に関して語ったものもほとんどなく、「 Rainbowには合わなかった」という定番の理由がマネージャーから発表されているだけです。

1983年の5月くらいに行われたプリ・プロダクションで"Street Of Dreams"などの曲が誕生します。そして、5月から6月にかけて、コペンハーゲンのスウィート・サイレンス・スタジオでレコーディングが開始され、前作"Straight Between The Eyes"アルバムを録音したモントリオールに場所を移して続けられました。モントリオールではスケジュールがタイトだったようで、その後再びコペンハーゲンでレコーディングを再開し、完成に至っています。チャック・バーギーがどの時点で Rainbowに参加したのかははっきりしませんが、以前"Burrn !"に掲載されたジョーのインタビューによれば、「モントリオールにいた時にマネージャーに電話をした」といっている事から、それまでは違うドラマーで製作が進んでいたのかもしれません。チャックが参加する前のドラマーは Toco Torresという人だったそうですが、どんな人なのか私は知りません(笑)

チャック・バーギーは1983年にロジャーが製作したソロアルバム"Mask"に参加しています。もともとジョーの古い友人で、Al Dimeolaや Bland Xなど、どちらかといえばジャズよりのキャリアを積んできた人です。彼をドラマーに迎えたラインナップでアルバムは完成し、1983年8月にリリースされます。

  • Ritchie Blackmore (G)
  • Joe Lynn Turner (Vo.)
  • Chuck Burgi (Dr.)
  • Roger Glover (B)
  • David Rosenthal(Key)

日本でのリリースは9月頃だったか……秋だった記憶はあるんですけど。アナログ盤では国によってジャケットやミキシングに相違がある盤があります。ジャケットはヒプノシスが担当し、当初の話では各国が全て異なるジャケットになるなどという話がありましたが、けっきょくイギリスだったかフランスだったか、一カ国のみが違うものになりました。また、現在主に流通しているリマスター盤に収録されている音源は、アナログ盤ではフランス盤のみの収録だったもので、曲の長さに違いがあるなどの相違点があります。

ドラマーが決定しないうちに製作がスタートしたからか、2曲収録されているインストでは、デイヴ・ローゼンサルのシーケンシャルなアレンジが印象的です。このほかの曲でも彼のキーボード・アレンジは光っており、このアルバムを支えています。この時期、プロデューサーのロジャーをのぞけば若手のミュージシャンで固められたそのラインナップは、リッチーのワンマン・バンドのイメージをよりいっそう高めていましたが、音の方はそんなイメージとは裏腹に、ジョーやデイヴの才能がきちんと生かされており、彼らのキャラクターがあってこそ完成したアルバムとなっています。この作品を最高傑作に押す人の気持もわからなくはありません。このアルバムからライヴ・プレイが確認されているのは、次の曲です。

Stranded
1983年のツアーでは"Stargazer"からのメドレーで演奏されています。12インチシングルのB面にライヴテイクが収録された事もあります
Fool For The Night
1983年、1984年のツアーで演奏されました
Fire Dance
1983年のツアーでは本編での演奏ですが、1984年の来日公演ではアンコールでの演奏に変更になっています
Street Of Dreams
1983年のツアーでは演奏例を知りません。1984年の来日公演でのライヴテイクが"Finyl Vinyl"に収録されています。1995年の再編成でも演奏されています
Drinking With The Devil
1983年、1984年のツアーで演奏されました