Finyl Vinyl


ジャケット画像

  1. Spotlight Kid
  2. I Surrender
  3. Miss Mistreated
  4. Jealous Lover
  5. Can’t Happen Here
  6. Since You Been Gone
  7. Bad Girl
  8. Difficult To Cure
  9. Stone Cold
  10. Power
  11. Man On The Silver Mountain
  12. Long Live Rock’n’roll
  13. Weiss Heim

英米日リリース(時系列順)

1984年に Deep Purpleが再結成され、 Rainbowは消滅します。リッチー自身は「一時休業」という言い方をしていたようですが、ジョーとリッチーの間に入って Deep Purple再結成へうまく持っていったマネージャーのブルース・ペインはそんなつもりは毛頭なかったでしょう。新作"Perfect Strangers"のリリースと、それに合わせたワールド・ツアーの後、第2作目の製作に入るまで、彼らはそれぞれソロ・プロジェクトを行っています。リッチーのプロジェクトは、この"Finyl Vinyl"の製作でした。「アルバム未収録曲と未発表ライヴテイクで構成した年代記アルバム」ということで製作され、期待していたアルバムでした。発表されたライヴテイクのソースは、それぞれ次のようになります。

公演地、日時 曲目
1978年6月24日 アトランタ公演
  • Man On The Silver Mountain
  • Long Live Rock’n’roll
1980年8月16日 ドニントン公演
  • Since You Been Gone
1981年5月7日 ボストン公演
  • Can’t Happen Here
1982年8月18日 サンアントニオ公演
  • Stone Cold
  • Power
  • Tearin’ Out My Heart(LP・Cassette)
1984年3月14日 日本武道館公演
  • Spotlight Kid
  • I Surrender
  • Miss Mistreated
  • Difficult To Cure
  • Street Of Dreams (Cassette)

全て過去に放送されたり、ビデオ、ライヴアルバムに使用されていたりしている音源で、初公開になるような録音日のものは存在していませんが、それぞれの時代の代表的なパフォーマンスを収録しており、区切りにふさわしい構成になっています。しかし、アトランタ公演の"Man On The Silver Mountain"と武道館公演の"Difficult To Cure"はギター・ソロの差し換えを行っています。

このアルバムはCdとアナログ盤とカセット、すべて違うフォーマットでリリースされました。アナログ盤やカセットにしか入っていないテイクは、上の表にその旨を記載しています。アルバム未収録曲については、以下のとおりです。

Bad Girl
"Down To Earth"アルバムのレコーディング・セッションで録音され、シングル"Since You Been Gone"のB面としてリリースされました。なぜか1980年代にリリースされていたベスト・アルバムには収録されず、このアルバムが初収録になります。ライヴテイクの存在は確認していません
Weiss Heim
1980年のワールド・ツアー中、1月19日にコペンハーゲンで録音されました。シングル"All Night Long"のB面としてリリースされ、後にアメリカでリリースされたミニアルバム"Jealous Lover"にも収録されています。1980年8月16日のモンスターズ・オブ・ロックのリハーサルが前日の8月15日に行われていますが、その時のサウンド・チェックで演奏されています。これ以外のライヴテイクは確認していません
Jealous Lover
1981年のアメリカ・ツアー中、4月中旬にミネアポリスでレコーディングされました。シングルのB面曲としてのかなり慌ただしいレコーディングだったようですが、これが、リッチーとジョーの初めての共作となります。シングル"Can’t Happen Here"のB面として発表され、その後アメリカでリリースされたミニ・アルバムにも収録されました。レコーディング直後の1981年のツアー音源では現在ライヴテイクを確認していませんが、翌1982年のアメリカ・ツアーで、稀に演奏している音源があります

これが Rainbowの最終作となりました。それまで「一時休業」だった Rainbowに、リッチー自ら"Final"の文字を冠したアルバムをリリースする事で、 Rainbowの歴史に一つの区切りをつけたのだと思います。ファイナル・コンサートとなった1984年3月14日の日本武道館でのライヴ・ビデオからの音源が一番多いのも、"Final"という意味合いからの選曲ではないかと思えます。同時リリースされた"Spotlight Kid"の12インチシングルには、歴史を総括するかのようにファミリー・ツリーが記載されていました。このファミリー・ツリーはアルバムの限定盤にもついていたようです。

この後のリッチーは再結成 Deep Purpleでの活動を長く続けていく事になります。