08-24 [In Perfect Harmony]


ジャケット画像
WPOCM 0789 D 029-2
Paradiso, Amsterdam 24. August 1969
2-7 : BBC Studio 1969-1970

  1. Mandrake Root
  2. Child In Time
  3. Kneel And Pray
  4. Hey Joe
  5. Lalena
  6. The Painter
  7. Emmaretta

"Crash Landing"と"In Perfect Harmony"、この2枚はバラで出回っていますが、内容的には2枚揃って意味をなすものなので、同じコメントをつける事にしました。
メインは、8月24日にアムステルダムで行なわれたとされている音源です。これは、"Bilzen Pop Festival"というイベントを、放送局が収録したとされているものです。しかし、この日のテープとは別に Bilzenでの演奏とされるテープが出回っているらしく、そちらの日付けは1969年10月12日となっています。たしかにこの日もアムステルダムでコンサートは行われていますので、このフェスティバルの正確な日付けや、会場などがはっきりしないと、この2つのステージの正確なデータはまだわからない、ということになります。当日の曲順 (推定) は、次のとおりです。

  1. Kneel And Pray
  2. Child In Time
  3. Wring That Neck
  4. Paint It Black
  5. Mandrake Root

以上5曲で、約1時間30分の演奏です。4曲目までが"Crash Landing"に収録されています。"In Perfect Harmony "には、5曲目が収録され、あとは当時のBBCスタジオでのセッションが収録されています。一応SB録音です。ノイズ・リダクションがきつめにかかっている (スクラッチ・ノイズを消そうとしたか?) し、レベルが安定していない分、聴きづらいかとも思いますが、バランスはまあまあですし、良好な音質といえると思います。

"Kneel And Pray"とは、"Speed King"の原曲ともいえるもので、リフや構成はだいたい同じですが、歌詞が全く違うものです。ジミ・ヘンドリックスの"Fire"みたいな曲を ! ということで作られたというこの曲の、最も初期の姿を知ることが出来ます(おそらく初演)。このライヴだけでなく、当時出演したBBCでも演奏しています ("In Perfect Harmony"の3曲目に収録されています )。この日はPAのトラブルか、ギターの調子が悪かったのか、出だしからソロパートの途中までリッチーの音が聞こえてきません。演奏が終っても、観客の反応は心なしか鈍く、ギランのMCも「こんにちは。私達はDeep Purpleです」みたいな感じで、微笑ましいというか何というか。"Child In Time"は、現在確認できる最も初期のバージョンです ( おそらくこちらも初演 )。ギランの若々しいシャウトが素晴しい反面、イントロからいきなりとちるリッチー、少しもたり気味なリズム・セクションなど、まだまだ未完成なところが伺えます。"Paint It Black"はストーンズの曲ですが、イアン・ペイスのドラム・ソロ用に用意され、インストにアレンジされて演奏されています。"The Mule"に変わるまでは、この曲でソロをとっていました。1993年のリッチー脱退ツアーで、この曲がボーカル入りで復活したのは嬉しいことでした ( でも私はこの曲のギランの歌い方はいまいち好きになれないんですが )。この日の"Wring That Neck"、"Mandrake Root"は、かなり気合いの入った演奏が聴けます。"Mandrake Root"は34分という演奏時間で、ジョンとリッチーの即興が十分堪能できます。特にジョンのソロは素晴しいです。

ライヴCDが出始めた頃のDeep Purpleは、この音源しかなかった時期がしばらく続きましたが、最近ではかえってこの音源を見かけなくなってきました。このほかにもこの音源を収録したCDはありますが、ほとんど1枚物に編集されています。曲のカットが激しく、特に"Mandrake Root"を5分くらいしか収録していません。"Wring That Neck"の後半のリッチーのフリーソロにわざわざ"Ritchie’s Blues"とタイトルをつけたものもありますが、ソースは全く同じです。おまけに、この類の一枚物はアナログ盤の"Paradiso Amsterdam Aug.24 1969"の盤起こしのため、スクラッチ・ノイズがやや気になります。しかし元になったアナログ盤の音質はコンプリート収録のCDよりも優れています。テープの世代自体はこの編集盤の方が若いもののようです。