1971年10月5日


Sheffield, England
C-90・世代不明
  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. No No No
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Lazy
  7. Fireball

Encore

  1. Speed King

9月30日のブリストルと同じイギリスツアーの音源です。この日はイギリス・ツアー10公演目で、この後10月10日にコベントリーで最終公演を行なった後、10月22日からアメリカ・ツアーが組まれていました。しかし、イアン・ギランが病気になってしまったため、最初の3公演を行なっただけでアメリカ・ツアーはキャンセルされています。ですので、この音源は1971年の最後期の彼らの姿を知ることが出来るという意味でも重要な音源だと思います。

セットリストは9月30日のブリストルとほぼ同一で、このツアーではおそらくこの曲順が基本的なものだったと思われます。音質もブリストルとさほど変わらず、高音質とはお世辞にも言いかねるものですが、音質の悪さを補ってあまりある素晴しい演奏を聴くことが出来ます。

このツアーでの"Child In Time"はジョンのソロもフィーチュアされたかなり長い演奏になっていて、ブリストルのテープでもジョンの弾く"Still I’m Sad"等、楽しめる演奏になっていますが、惜しいことにどちらのテープも後半の歌の部分あたりからカットされていて、聴くことが出来ません。

"Paint It Black"に変わってイアン・ペイスのドラム・ソロを聴かせるナンバーとなった"The Mule"は、ほぼオフィシャルで聴ける構成と変わらないものになっています。

本編終了曲は、おそらくこのツアーのみだったと思われる"Fireball"です。このロング・ヴァージョンは、一聴の価値があります。アナログ盤"First Clean Up Live"で、この日の"Fireball"が聴けますが、1972年のライヴでアンコールにやっていたヴァージョンと比べると、天と地の差があります。ライヴCd"Purple For A Day"にも、このアナログからの盤起こしで収録されていますので、ぜひ探して聴いてみてください。

第2期 Deep Purpleののライヴ音源を聴いてみると、第2期 Deep Purpleの代表曲の大部分は、1969年と1971年に集中して書かれたことがわかります。"Machie Head"のレコーディングも1971年中でしたから、この1971年は彼らの創作意欲がもっとも高まっていた年だったと言えると思います。


1971年9月30日


Bristol, England
C-90・世代不明
  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. No No No
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Lazy
  7. Fireball

Encore

  1. Speed King
  2. Lucille

"Fireball"アルバムリリース後に行なわれたイギリス・ツアーからの音源です。これはツアーも終盤のブリストル公演のテープとされています。音質は当時とすればまあまあのオーディエンス録音で、はじめのほうは低音に歪みが目立ちますが、そこそこ聴ける感じです。最近のDAT録音と比べてしまうと、2ランクは劣りますが (5ランクかも、と心の叫び (^^;))。

7月一杯まで行なわれていたフェイセズとのアメリカ・ツアーの後、8月はツアーを行なわず、この間にアルバムリリースにタイミングを合わせてセットリストを一新したようです。以前のレパートリーであった"Wring That Neck"と"Mandrake Root"が落とされ、コンサート全体の演奏時間もそれまでの2時間近いものから90分程度へと変化してきています。9月上旬に短いドイツ・オーストリア公演を行った後、9月13日のポーツマスを皮きりに11公演のイギリス・ツアーを行ないます。

このツアーのもっとも大きな特徴は、"Fireball"アルバムに合わせたプロモーション・ツアーだったにもかかわらず、オープニング曲としてレコーディング前の新曲"Highway Star"が登場したことにあります。ツアー会場に向かうバスのなかで書かれ、当日 (ロジャーの言葉だと翌日)のサウンド・チェックでリハーサル、本番のステージで即演奏されたという凄まじい逸話を持った曲ですが、初登場はイギリス・ツアー初日である9月13日のポーツマス公演とされています。しかし、9月1日に出演したとされる"Beat Club"で"Highway Star"を演奏しているので、いつから演奏するようになったのかという最終的な検証は、まだ出来ていません。"Beat Club"の正確な収録日も不明 (9月13日から18日の間の可能性があるという資料もありますが、はっきりした根拠に欠けます)ですし、9月4日のウィーンのテープでの演奏は確認できませんが、9月1日のベルリンでのコンサートでテレビ収録が行われていたりする事から、この短いドイツツアーの間に初演された可能性もあるのではないかと考えています。

このツアーでの"Highway Star"は、その後のスタジオ盤や1972年以降のライヴと比較するとシンプルなアレンジで歌詞も未完成の上、ソロ・パートのクラシカルなコード進行はまだ登場していません。"Rock Profile Vol.1"に収録された"Beat Club"出演時の演奏と同じ構成となっています。

"Lazy"もレコーディング前の新曲として披露されています。構成はほとんど出来上がっていますが、完成版と比較するとエンディングが若干異なります。ニューアルバムからの新曲は"No No No"と"The Mule"、そして"Fireball"ですが ("Strange Kind Of Woman"はシングル曲として半年以上前から演奏されています)、「このアルバムにはライヴ向きの曲がすくない」と感じた彼らは、新しいレパートリーを書くのに躍起になっていたようです。

新曲をガンガン作っていたテンションが演奏にも現われて、素晴しい出来となっています。惜しいことに"Child In Time"等でカットがありますが、音質面やこれらのカットを差し引いても、 Deep Purpleのミッシング・リンクを埋める音源としての価値は十分あると思います。