11-11[Rainbow Moon In Yoyogi 1995]


ジャケット画像

Shakuntala SICD 150/51
Tokyo 11 November 1995

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory – Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Too Late For Tears
  4. Long Live Rock’n’Roll – Black Night
  5. Hunting Humans
  6. Wolf To The Moon
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Solo
  9. Still I’m Sad
  10. Drum Solo
  11. Man On The Silver Mountain
  12. Temple Of The King

Disc 2

  1. Black Masquerade
  2. Guitar Solo
  3. Ariel
  4. Since You Been Gone
  5. Perfect Strangers
  6. Greensleeves
  7. Wartzing Matilda
  8. Hall Of The Mountain King
  9. Sweet Home
  10. Burn
  11. Over The Rainbow

1995年、再編成Ritchie Blackmore’s Rainbowの来日公演初日、11月11日の代々木オリンピック・プールでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。当サイトでは[The 1st & 2nd Show]しか紹介できていませんが、1995年当時はもう一種、某レーベルからプレス盤が登場していました。そちらは聴いていないので、今回登場した音源が初登場かどうかについては自信がありませんが、私は初めて聴くものだということだけは言えます。ステージから距離があるというより、あのオリンピック・プールの会場で音が拡散してしまう状況でよくここまで、と思う、良い状態で録音されたテープだと思います。バランスも良好ですし、歪みもありません。

クレジットでは"Land Of Hope And Glory"が収録されているように書かれていますが、"Over The Rainbow"からスタートします。この日は"Land Of Hope And Glory"のテープが流れてから、なかなか"Over The Rainbow"がスタートせず、Rushの"Fly By Night"がかかったりしてから"Over The Rainbow"のSEが始まる、という変則的な始まり方でした。当時聞いた噂では、バックステージで少々トラブルがあったらしいですが、真偽のわからない話なので詳細は触れません。そこから始まるステージは翌日の同会場でのショウより曲数こそ少ないものの、リッチーのギター・ソロが随所で長く演奏されており、時間的には翌日のショウと遜色ない内容を繰り広げています。本作はそんなリッチーのギターのディティールを良い状態で捉えており、"Ariel"後半、キャンディスのコーラスに乗せてプレイされるリッチーのツアー中最長のソロ・パートなどを十分に堪能できます。