JP Warner Music Japan WPCP 5520/22 : [Purple Chronicle]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Hush
  2. Mandrake Root
  3. Hard Road
  4. Kentuckey Woman
  5. Anthem
  6. Speed King
  7. Child In Time
  8. Into The Fire
  9. Fireball
  10. Strange Kind Of Woman
  11. Highway Star
  12. Never Before
  13. Lazy

Disc 2

  1. Smoke On The Water
  2. Space Truckin’
  3. Woman From Tokyo
  4. Burn
  5. Might Just Take Your Life
  6. You Fool No One
  7. Mistreated
  8. Lay Down, Stay Down
  9. Stormbringer
  10. Lady Double Dealer
  11. Soldier Of Fortune
  12. Comin’ Home
  13. Love Child
  14. a) This Time Around / b) Owed To ‘G’
  15. You Keep On Moving

Disc 3

  1. Black night (edit version)
  2. Black night (live version)
  3. When A Blind Man Cries
  4. I’m Alone
  5. Painted Horse
  6. Cry Free
  7. Speed King
  8. Speed King
  9. Demon’s Eye
  10. Highway Star (edited version)
  11. Smoke On The Water (mono)
  12. Smoke On The Water (live version)
  13. Lazy
  14. Woman From Tokyo
  15. Burn (edited version)
  16. Burn
  17. Coronarias Redig
  18. Emerretta

1993年9月25日に結成25周年記念盤としてリリースされた、日本独自の企画による3枚組CD-Boxセット。当初はこのような縦長のボックスで登場しましたが、再発盤はブックシェル・タイプになっていたと記憶します。

内容は、2枚のCDで第一期から第四期、1968年から1975年までのDeep Purpleの代表曲をセレクトし、1枚のCDは、十分なCD化に恵まれてこなかったヴァージョンの音源をまとめたものとなっています。日本グラモフォンからリリースされていたシングル盤でのみ、日本発売が実現していたナンバー("Hallelujah"や"BIrd Has Flown"など)は、権利関係で収録は実現しませんでしたが、米Warner Brothersレーベルの編集による、各種シングル・ヴァージョンは、主だったところがCD化されたので、それは喜ばしいところです。また、酒井康氏による詳細な解説や、広瀬和生氏による年表など、読み応え十分の資料も付属しており、当時リリースが多かったクラシック・ロックのアーティストのボックス・セット、それも新音源の望めない日本企画のものとしては、十分な内容のリリースだったと思います。海外ではあまり芳しい評判は聞かれませんでしたが、そりゃあ仕方がないというかなんというか(・∀・)