06-17 [Monsters Of Rock]


ジャケット画像

No Label Credit No Number
Loreley 17 June 2016

Disc 1

  1. Intro
  2. Over The Rainbow
  3. Highway Star
  4. Spotlight Kid
  5. Miistreated
  6. Since You Been Gone
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Catch The Rainbow
  9. Difficult To Cure

Disc 2

  1. Band Introduction
  2. Perfect Strangers
  3. Child In Time – Woman From Tokyo
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Stargazer
  6. Black Night
  7. Smoke On The Water

リッチーがロメロくんと演ったパフォーマンスの一日目、ドイツで行われたイベント"Monsters Of Rock"の初日となる2016年6月17日、ローレライでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。コンサート終了とほぼ同時にネットに録音や録画が氾濫しました。当然、CD-Rでも先に出回り、映像もYouTube等でアップされたものをDVD-Rにまとめたものなどもアングラ市場に怒涛のごとく登場した中で、本作は最初にリリースされたプレスCDでのアイテムとなりました。プライスもこの手のブツとしては破格だったと思います。

先にCD-Rで登場していた何種類かのディスクと同じソースを使用しています。若干固まり気味の音像ではありますが、かなり近い音場で録音されており、会場のオーディエンス・ノイズもそれほど目立たないので聴きやすいディスクとなっています。リッチーのハード・ロック宣言が現実の音となった最初の瞬間を確かめる目的ならば十分なアイテムでしょう。

今回のステージ、リズム隊はBlackmore’s Nightの現役とOBがその座を占め、キーボードもかつてBlackmore’s Nightのアルバムに参加していたイェンス・ヨハンソン、コーラスもキャンディスと現在のBlackmore’s Nightのメンバーということで、実質Blackmore’s Nightにロメロくんを迎えた布陣での演奏となっています。今回のハード・ロック宣言にあたってリッチーが受けたであろう各種インタビューはロクに読んでないので間違ってたら以下の文章はまるで見当はずれとなりますが、リッチーは「Deep PurpleやRainbowの曲をプレイする」とは言っているものの「バンドを再編する」とは一言も言ってないんじゃないかなという印象をずっと持ってるんですがどーでございましょーか。事実、今回の3公演で聴けるサウンドはハードロックというよりはBlackmore’s Nightのフォームが持っていた中世トラッドのリズム様式にDeep PurpleやRainbowの曲を載せて新たな解釈を聴かせているという印象を持ちました(2曲目の"Spotlight Kid"や"Child In Time"などで殊に顕著だと思います)。そんな音楽の中でオーディエンスとの距離を近づける役割を期待されていたのがロメロくんなのではないかなと。彼のヴォーカルは「リッチーのハードロック」を求めるオーディエンスの期待に十分答えるもので、随所に仕掛けられていたサプライズ的アレンジとともに「ビジネス・サイドやリスナー・サイドも気にかけた上で自らの演りたいことを提示する」という1979年以来のリッチーのベクトルを保った見事な戦略だったと思います。このあたりのことは、これからの各種ライブCDやオフィシャル・リリースの記事の中でももうちょっと深く触れていきたいと思います。