JP Ward Records WRDZZ 300 : [The Ritchie Blackmore Story]


ジャケット画像

2015年11月にメーカー直販限定でリリースされた、[Ritchie Blackmore Story]と[Live In Japan 1984]の各種メディアをパッケージしたボックス・セット。ボックスの表デザインはは海外でリリースされたディスク付きの写真集と同じデザインが使われています。さて……一応、中身見てみます?

ジャケット画像

ボックスの蓋を開けたところ。クラム・シェル・タイプの開け方になっています。これくらい大きな箱でクラム・シェルってのはあまり使い勝手がよろしくないよーな気がしますな。

ジャケット画像

付属のTシャツその1。[Ritchie Blackmore Story]のジャケットを使用したデザイン。買うときに一応Tシャツのサイズ選べたんですが、もちろん着る気はありまへん(笑)

ジャケット画像

付属のTシャツその2。[Live In Japan 1984]のジャケットを使用したデザイン。こちらもちろん着る気はありまへん(笑)

ジャケット画像

ハード・カバーの写真集。海外ではこれにディスクを綴じ込む形でリリースされています。

ジャケット画像

写真集の裏表紙。前述のように海外でのリリース形態の影響で、こんなところに曲目リストやらDVDロゴやらが印刷されていますが、当日本盤ボックスでは意味無しになっちゃってます。

ジャケット画像

[Ritchie Blackmore Story]の英文ライナー・ノーツ。写真もあるでよ。

ジャケット画像

裏表紙。

ジャケット画像

[Ritchie Blackmore Story]の日本盤ライナー・ノーツ。英文を和訳したものだと思いますが読んだ記憶がない(汗

ジャケット画像

[Live In Japan 1984]のライナー・ノーツ。CDのリーフレットをデカくしただけという気もしますが気のせいでしょう。写真もあるでよ。

ジャケット画像

裏表紙。

ジャケット画像

こちらは日本独自の写真集。1984年の日本公演より。カメラ撮影のもありますがビデオの抜き焼きっぽくみえるのは演出だと信じたい。

ジャケット画像

このボックス・セットのウリの一つ、[Live In Japan 1984]の3枚組アナログ盤、その1枚目のインナーバッグ。
表ジャケットはこんな感じ。ジョーの衣装からすると公演日は……まあいいや(ヲイ)

ジャケット画像

裏ジャケット。ジャケットにデカデカと曲順が書いてあるので略してもいいかなと思いましたが一応面割りを書いておきます。

Disc 1 Side A

  1. Intro
  2. Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. I Surrender
  5. Cant Happen Here

Disc 2 Side B

  1. Catch The Rainbow
  2. Power
  3. Keyboard Solo
  4. Street Of Dreams

ジャケット画像

2枚目のインナーバッグ、表ジャケ。このリッチーはカッコいい(・∀・)

ジャケット画像

2枚目のインナーバッグ、裏ジャケ。2枚目の面割りも書いておきます。

Disc 2 Side A

  1. Fool For The Night
  2. Difficult To Cure

Disc 2 Side B

  1. Guitar Solo
  2. Drum Solo
  3. Blues
  4. Stranded (incl. Hey Joe)

ジャケット画像

3枚目のインナーバッグ、表ジャケ。ロジャーとジョーの単独ショットがないのは何故ダロー、何故だろー。

ジャケット画像

3枚目のインナーバッグ、裏ジャケ。3枚目の面割り。

Disc 3 Side A

  1. Death Alley Driver
  2. Fire Dance
  3. Maybe Next Time

Disc 3 Side B

  1. All Night Long (Incl. Woman From Tokyo)
  2. Lazy
  3. Since You Been Gone
  4. Smoke On The Water

ジャケット画像

デジタル・ディスクを収めたトレイです。[Ritchie Blackmore Story]のBlu-ray、[Live In Japan 1984]のDVD、同じく[Live In Japan 1984]音源のCD2枚。Blu-rayをDVDにしたボックス・セットも発売されていますが、それだけの違いで両方買うのはさすがに……いや、そうしたい人を止めるつもりはさらさらありませんが……。

あ、先ほどから何度か書いていますが、海外ではこのトレイをハード・カバーの写真集に綴じ込んだ形でリリースされています。

ジャケット画像

ボックスの裏側。ハード・カバーの写真集、裏表紙と同じレイアウト。さて、こーやって中身をブチまけてもちっともワクワクしてこないのは何故だろう。価格以上のときめきを感じないのは「おめーらはこーいうもんを喜ぶんだろ?」とでもいうような見切られてる感を売り手から感じてしまうからに他ならないというか、過度に露骨なんですな、いろんなものが。この企画のアイテムを全部ひとまとめに入手できるという「だけ」の箱。玉手箱でもパンドラの箱でもなんでもない、ただの「箱」です。